女の子に「いちか」と名前を付けたいときにおすすめの漢字169選

名前を付けるときのポイントは?「いちか」と読む名前の印象も

名前を子供につける

読みを先から決めるときのポイント

読みから先に決めて子供に名前をつける時のポイントとして、漢字の画数や、漢字の持つ意味が大切になってきます。このページでは「いちか」と読むことのできる漢字とその漢字の意味について紹介します。

「いちか」と読む名前の印象

「いちか」という名前からは、「一輪の花」を思い浮かべるのではないでしょうか。「世界に唯一の大切な存在」というイメージが浮かびます。そして、どことなく古風な印象もあり、優しくて花のような素敵なイメージです。

「一」という漢字を使って「いちか」と読む名前

子ども

「一」という漢字のイメージ

「一」という漢字からは、たった一つのたいせつなもの、ナンバーワンなどのイメージが湧くのではないでしょうか。

「一」という漢字に込められた思い

漢字のイメージから「唯一」という言葉が連想されるでしょう。トップを目指し、物事を一つにまとめられるリーダーシップを発揮できる人になってほしいとの願いや、ママとパパにとってかけがえのない大切な子という思いも込められそうですね。

「一」を使って「いちか」と読む名前45個

「一」を使って「いちか」と読む漢字は以下のようなものがあります。

一伽、一佳、一凛、一千佳、一千夏、一千果、一千栞、一千榎、一千歌、一千海、一千禾、一千華、一千花、一千蘭、一千香、一叶、一和、一嘉、一夏、一奏、一悠、一愛、一慶、一智花、一果、一柑、一栞、一楓、一榎、一樺、一歌、一海、一知佳、一知海、一知華、一知花、一知香、一禾、一花、一芳、一華、一蘭、一風、一誓、一香

「依」という漢字を使って「いちか」と読む名前

衣と女の子

「依」という漢字のイメージ

「依」は「よりすがる、頼る、従う」という意味をもちます。「人にまとわりつく衣」という意味が「依」に文字にはあり、そこから前記のような意味が派生したのです。
一方で、衣服を身に着けると「(心が)安らか」になり、さらに「安心する→大きな変化がない」と変化して「そのまま」の意味や、体を包み込む様子から「助ける」の意味ももつようになりました。
字面には曲線が多く、「亻=人」によりそった女の子らしい優しい印象を与えてくれます。

「依」という漢字に込められた思い

「依」という漢字には、「人から頼られる」というイメージがあります。そう考えると、人に頼られる度量を持ち、一方では頼りになる存在にも恵まれ、豊かな愛情の中で生涯を送れるようにとの願いや、人の和を大切にする素敵な人にという願いが込められますね。さらに、「依」には「そのまま」という意味もあります。そこで「自然のままの飾らない人柄で多くの人に愛されるように」との願いが込められることも多いのです。

「依」を使って「いちか」と読む名前34個

「依」を使って「いちか」と読む漢字は以下のようなものがあります。

依千佳、依千伽、依千加、依千夏、依千叶、依千果、依千歌、依千禾、依千花、依千華、依千香、依央、依実、依悠、依愛、依慈、依智佳、依智伽、依智叶、依智花、依智香、依智加、依真、依睦、依知加、依知佳、依知叶、依知果、依知香、依知果、依知禾、依知花、依知華、依誓

「伊」という漢字を使って「いちか」と読む名前

クリエイティブに考えるこども

「伊」という漢字のイメージ

「伊」という漢字は、「伊太利亜」(イタリア)という当て字にも用いられ、最近でもイタリアを示す略字としてよく用いられます。イタリアにはモダンでおしゃれなイメージがあることから、「伊」という漢字にも同じく、おしゃれで洗練されたイメージが湧くことでしょう。

「伊」という漢字に込められた思い

「伊」という漢字のもつおしゃれなイメージから、「服飾やクリエイティブな世界で活躍してほしい」や、「想像力の豊かな人に育ってほしい」という気持ちが込められています。

「伊」を使って「いちか」と読む名前14個

「伊」を使って「いちか」と読む漢字は以下のようなものがあります。

伊千佳、伊千香、伊千加、伊千花、伊千香、伊千果、伊周、伊愛、伊智花、伊智香、伊知花、伊知華、伊知香、伊知伽

「初」という漢字を使って「いちか」と読む名前

はじめて海に来る女の子

「初」という漢字のイメージ

「初」という漢字からは、フレッシュさ、初々しさが連想できます。そして初々しさを感得させる最たるものは、生まれたばかりの赤ちゃんでしょう。日々の成長を見る中で、赤ちゃんの力強さに感心させられることも多いことでしょう。植物でも若葉は春になると降り積もった雪を押しのけて地上に芽を出すのです。そこから、「力強さ」、「希望」などのイメージも湧いてきます。

「初」という漢字に込められた思い

「初」という将来に対する希望を抱かせる漢字には、「いつまでも初心を忘れず物事に真剣に取り組む人」、「未来に向かって元気に明るく歩んでいく人」に成長することへの願いが込められています。

「初」を使って「いちか」と読む名前6個

初彩、初椛、初楓、初花、初華、初香

「唯」という漢字を使って「いちか」と読む名前

女の子

「唯」という漢字のイメージ

「唯」という漢字からは、やはり「唯一」というイメージが浮かぶでしょう。大切な人という気持ちを込めて、唯一無二の存在であることを伝えるメッセージをつたえられる漢字です。

「唯」という漢字に込められた思い

「唯」という漢字には、「素直でのびのびと成長していく人になってほしい」や「魅力的な個性と存在感を持ち、自分自身を大切にしながら生きてほしい」という願いが込められています。

「唯」を使って「いちか」と読む名前38個

唯一香、唯伽、唯凛、唯千伽、唯千叶、唯千夏、唯千果、唯千歌、唯千花、唯千華、唯央、唯悠、唯愛、唯慈、唯慶、唯智果、唯智伽、唯智叶、唯智佳、唯智夏、唯智花、唯智華、唯睦、唯知佳、唯知果、唯知夏、唯知加、唯知叶、唯知歌、唯知禾、唯知花、唯知香、唯禾、唯花、唯花愛、唯華、唯誓、唯香

「壱」という漢字を使って「いちか」と読む名前

女の子

SAMSUNG CSC

「壱」という漢字のイメージ

「ふた付きのツボ」の象形と「刃物の象形と口の象形」(刃物をおまじないとして置いてめでたい事を祈るさまから、「めでたい」の意味)から、ツボを密閉して酒を発酵させるさまを表し、そこから、事が成功するように力を入れ続ける、すなわち「もっぱら(1つの事に集中する)」を意味する「壱」という漢字が成り立ちました。「一」と同意として用いられることも多く、「一」と比べて正式なイメージが浮かびます。

「壱」という漢字に込められた思い

「壱」という漢字は、普段あまり用いない硬い漢字な分、「ママとパパにとってのオンリーワン」、「かけがえのない大切な子」という強い思いを込めることができます。さらに漢字の成り立ちから、「ひとつのことにひたすらに取り組む強い精神力を持ち、夢を必ず叶えてほしい」という願いを込めることもできるでしょう。

「壱」を使って「いちか」と読む名前14個

壱佳、壱凛、壱叶、壱圭、壱夏、壱果、壱柑、壱架、壱樺、壱禾、壱花、壱華、壱迦、壱香

「市」という漢字を使って「いちか」と読む名前

[instagram url=https://www.instagram.com/p/BeasKgkHbEs/]

「市」という漢字のイメージ

「市」は「市場」(いちば)という漢字にも用いられる通り、人が集まる場所を示すことから、明るく楽しい場所、人柄をイメージさせます。

「市」という漢字に込められた思い

「市」という漢字のイメージから、「多くの人を引き付ける魅力ある存在になってほしい」という願いや、また、「経済力や詳細にも恵まれるように」という期待も込められています。

「市」を使って「いちか」と読む名前12個

市夏、市果、市香、市佳、市嘉、市楓、市椛、市歌、市禾、市花、市華、市加

「惟」という漢字を使って「いちか」と読む名前

女の子

Processed with VSCO with c6 preset

「惟」という漢字のイメージ

「惟」には「思う」の意味があり、「思惟」という熟語で「心で深く考えること」を意味するように「思慮深さ」「聡明さ」を連想させます。知的で落ち着いた印象を与え、しっかりと芯の通った強い心を感じさせます。

「惟」という漢字に込められた思い

「惟」という漢字には、「人を思いやる心を忘れずに、分別を持ち、自らの考えで行動できる人になってほしい」や「物事をしっかり考え、冷静に判断のできる子に」いう願いが込められています。

「惟」を使って「いちか」と読む名前7個

惟千楓、惟央、惟愛、惟慈、惟睦、惟知佳、惟誓

想いを込めて「いちか」という名前に漢字をつけましょう!

「いちか」という女の子の名前について使われる漢字と意味について紹介しました。ご自身の子供に「はな」という名前を付ける際には、ぜひこの記事を参考にしてください。
https://otokonokajiikuji.com/836/