女の子に「ひなの」と名前を付けたいときにおすすめの漢字83選

名前を付けるときのポイントは?「ひなの」と読む名前の印象も

読みを先から決めるときのポイント

読みから先に決めて子供に名前をつける時のポイントとして、漢字の画数や、漢字の持つ意味が大切になってきます。このページでは「ひなの」と読むことのできる漢字とその漢字の意味について紹介します。

「ひなの」と読む名前の印象

「ひなの」という言葉は柔らかな響きと、女性らしさを感じさせます。

「妃」という漢字を使って「ひなの」と読む名前

「妃」という漢字のイメージ

「妃」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
皇族の妻、女神の尊称といった高貴なイメージがあります。また、姫を連想させる漢字で女の子らしさを想起させます。

「妃」という漢字に込められた思い

「妃」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
「妃」という漢字の持つ高貴なイメージと、清楚で気品ある優美な女性に育ってほしいという思いが込められています。そして将来的には大人びた落ち着いた女性に育ってほしいという思いも同時に含まれています。

「妃」を使って「ひなの」と読む名前7つ

妃夏乃、妃奈乃、妃奈音、妃愛乃、妃菜乃、妃菜希、妃菜望

「日」という漢字を使って「ひなの」と読む名前

「日」という漢字のイメージ

「日」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
「日」という漢字から日中の太陽、そして太陽の光がイメージされます。

「日」という漢字に込められた思い

「日」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
太陽の光、日光のように暖かく、優しい気持ちを持って育ってほしいという思いと、周囲の人々を照らすような明るく元気な子に育ってほしいという思いが込められています。

「日」を使って「ひなの」と読む名前10個

日南乃、日向乃、日和乃、日奈乃、日奈望、日苗乃、日菜、日菜乃、日菜希、日那乃

「柊」という漢字を使って「ひなの」と読む名前

「柊」という漢字のイメージ

「柊」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
」は「ヒイラギ」という芭蕉に似た木として一般的に認知されています。

「柊」という漢字に込められた思い

「柊」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
謙虚さや自然の美しさを持った女性に育ってほしいという思いが込められています。

「柊」を使って「ひなの」と読む名前6つ

柊七乃、柊名乃、柊夏乃、柊納乃、柊那乃、柊風乃

「比」という漢字を使って「ひなの」と読む名前

「比」という漢字のイメージ

「比」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
比べる、比較するといったイメージに加え仲間や同類、ともがら、たぐいといった意味を持っています。

「比」という漢字に込められた思い

「比」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
多くの友人や仲間に恵まれるような豊かな人生を歩んでほしいという思いが込められています。他人とは違った能力を持ち、どんな人との関係も大切にできるような人に育ってほしいと願って名前をつけるケースが多いです。

比南乃、比奈乃、比奈野、比菜、比菜乃、比菜野、比那乃

「陽」という漢字を使って「ひなの」と読む名前

「陽」という漢字のイメージ

「陽」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
太陽のように明るく輝くイメージを思わせる。また、動的なものというイメージも持ち、ポジティブで積極的なイメージもあります。

「陽」という漢字に込められた思い

「陽」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
暖かく明るい太陽の日差しというイメージから元気で活発な子に育ってほしいという思いが込められています。また、周囲を明るく照らすような輝かしい存在となってほしいという願いが込められています。

「陽」を使って「ひなの」と読む名前14個

陽七乃、陽七海、陽乃、陽凪乃、陽南乃、陽奈乃、陽奈和、陽希、陽愛乃、陽渚乃、陽菜乃、陽菜星、陽那乃、陽那星

「雛」という漢字を使って「ひなの」と読む名前

「雛」という漢字のイメージ

「雛」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
ひよこや鳥の子、ひなの子。 また、幼いこどもや幼児といったイメージを持つ漢字です。

「雛」という漢字に込められた思い

「雛」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
鳥のひなのように可愛い子としてすくすく育ってほしいという思いと、将来は鳥のように大きく羽ばたいてほしいという願いが込められています。

「雛」を使って「ひなの」と読む名前7つ

雛乃、雛之、雛希、雛望、雛禾、雛菜乃、雛野

「乃」という漢字を使って「ひなの」と読む名前

「乃」という漢字のイメージ

「乃」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
すなわち、やっと、もしくは二人称としてのあなたといったイメージがあります。その一方で止め字として使われることも多く、それほど強い意味を持つ漢字ではないようです。

「乃」という漢字に込められた思い

「乃」という漢字を使って「ひなの」と読む名前
字面や響きから古風な、そして和風な印象を与えられることから、古風で清楚な大人びた女性に育ってほしいという思いと物腰の柔らかい人に育ってほしいという思いが込められています。

「乃」を使って「ひなの」と読む名前32個

妃夏乃、妃奈乃、妃愛乃、妃菜乃、日南乃、日向乃、日和乃、日奈乃、日苗乃、日菜乃、日那乃、柊七乃、柊名乃、柊夏乃、柊納乃、柊那乃、柊風乃、比南乃、比奈乃、比菜乃、比那乃、陽七乃、陽乃、陽凪乃、陽南乃、陽奈乃、陽愛乃、陽渚乃、陽菜乃、陽那乃、雛乃、雛菜乃

想いを込めて「ひなの」という名前に漢字をつけましょう!

「ひなの」という女の子の名前について使われる漢字と意味について紹介しました。ご自身の子供に「ひなの」という名前を付ける際には、ぜひこの記事を参考にしてください。