女の子に「ひかり」という名前をつけたいときにおすすめの漢字208選

名前を付けるときのポイントは?「ひかり」と読む名前の印象も

読みを先から決めるときのポイント

子供に名前をつける際に読みから先に決めた場合、ポイントになる代表的な例は漢字に込められた意味と、画数です。このページでは「ひかり」と読むことのできる漢字と、その意味について紹介していきます。

「ひかり」と読む名前の印象

女の子の「ひかり」という名前からは、明るく、朗らかという印象を受けます。また、希望に満ちていてとても積極的という印象も持てます。

「光」という漢字を使って「光」と読む名前

「光」という漢字のイメージ

ひかりのイメージ画像
「光」という漢字からは、ひかり輝くと言ったイメージが連想されます。人柄としては、周囲を明るくすることができるような性格を持っているというイメージが持てます。

「光」という漢字に込められた思い

光のイメージ画像2
「光」という漢字には、ひかる、景色、月日、時間、ほまれ、名誉、相手の行為に尊敬を示すといった意味があります。
女の子に「光」という漢字を使って「ひかり」という名前をつける場合、「周囲を明るく照らすことのできる明るく活力のある人に成長してほしい」、「どんな時でも向上心を持つ、輝きを失わない人に成長してほしい」「周囲の人たちの希望の光となるような人に成長してほしい」といった願いを込めることができます。

「光」を使って「ひかり」と読む名前17個

光、光凛、光凜、光利、光吏、光夢、光李、光梨、光狩、光理、光理、光璃、光空、光織、光莉、光輝、光里(17)

「妃」という漢字を使って「ひかり」と読む名前

「妃」という漢字のイメージ

妃のイメージ画像
「妃」という漢字からは、「王妃」、「后妃」などと使われるように、元は特に天子の正妻・皇后を表す高貴で僧たちの良さを感じさせます。

「妃」という漢字に込められた思い

妃のイメージ画像2
「妃」という漢字の成り立ちには諸説ありその一つが、「己」は配偶者を表す漢字「配」の略形のことだと考えられています。「配」という漢字は「(酒樽に)寄り添う人」を表したいます。「この寄り添う人」という意味の漢字の略形と「女」という漢字を組み合わせることで、「寄り添う女性」つまり「妻」をおらわしたと言われています。
そしてこの説は、高貴な存在に寄り添う女性を表す「皇族の妻」を意味するようになりました。「皇族の妻」という意味から「美しい」、「気高い」というイメージにつながります。
名前に「妃」を使うとき「気品がただようような優美な人に育つように」、愛する夫を支えるようなイメージから「自分を持っている強い女性になってほしい」といったような意味が込めることができます。

「妃」を使って「ひかり」と読む名前16個

妃伽李、妃伽梨、妃伽理、妃佳里、妃加莉、妃夏莉、妃椛里、妃花莉、妃華明、妃華梨、妃華莉、妃華里、妃香俐、妃香梨、妃香里、妃香麗(16)

「日」という漢字を使って「ひかり」と読む名前

「日」という漢字のイメージ

日のイメージ画像

「日」という漢字からは、太陽や太陽のひといった明るいイメージを思い浮かべることができます。

「日」という漢字に込められた思い

日のイメージ画像2

「日」という漢字は、太陽の輪郭の丸の中に、中身が充実していることを表す漢字である「一」が入った形をしています。
「日」という漢字を使って名前をつけると、「朝日が昇っていくように、勢いよく進む人生であるように」、「周りの人たちを明るく照らすことのできる明るい心を持つ人に育ってほしい」といったような願いを込めることができます。

「日」を使って「ひかり」と読む名前66個

日伽利、日伽吏、日伽李、日伽莉、日伽里、日佳梨、日佳理、日加利、日加吏、日加李、日加璃、日加里、日可利、日可吏、日可李、日可璃、日可里、日叶、日嘉利、日嘉吏、日嘉李、日嘉里、日夏凜、日夏利、日夏李、日夏梨、日夏理、日夏莉、日夏里、日寡利、日寡吏、日寡李、日寡里、日果吏、日果梨、日果理、日果里、日架梨、日架理、日架莉、日歌利、日歌吏、日歌李、日歌里、日花利、日花吏、日花李、日花梨、日花璃、日花莉、日花里、日華利、日華李、日華梨、日華理、日華莉、日華里、日薫里、日輝、日郁里、日香利、日香栞、日香梨、日香理、日香莉、日香里

「晄」という漢字を使って「ひかり」と読む名前

「晄」という漢字のイメージ

イメージ画像
「晄」という漢字からは、キラキラしているような印象を受けます。このことから「明るく陽気な性格」が連想されます。

「晄」という漢字に込められた思い

イメージ画像2
「晄」という漢字は、はっきりしている、光り輝いている、光が四方に広がりでる、またその様という意味を持ち、太陽と燃え立つ炎、人の図を組み合わせることで生まれたものです。また「日」と「光」が並んでいることから、とても明るい印象を受ける感じです。
女の子に「晄」という漢字を使って名前をつける場合、陽の光が輝く様子から、「いつも笑顔で周囲の人を幸せな気持ちにさせる朗らかな性格の持つ人に成長してほしい」といった願いを込めることができます。

「晄」を使って「ひかり」と読む名前7個

晄利、晄吏、晄李、晄梨、晄理、晄璃、晄里

「柊」という漢字を使って「柊」と読む名前

「柊」という漢字のイメージ

柊のイメージ画像1
「柊」は、クリスマスをイメージした漢字です。「冬」という漢字が入っていることからやはり、冬という季節を連想しやすいです。

「柊」という漢字に込められた思い

柊のイメージ画像2

「柊」という漢字の花言葉は「用心深さ」、「保護」、「先見の明」です。「用心深さ」からは、着実に自分の足で一歩一歩人生を歩んでいってほしいという願いを、「保護」からは災いを跳ね除けるという願いを、「先見の明」からは、将来を見据え地に足ついた行動ができる人に育ってほしいなどの願いを込めることができます。

「柊」を使って「ひかり」と読む名前38個

柊伽利、柊伽李、柊伽里、柊佳利、柊佳吏、柊佳李、柊佳里、柊加利、柊加李、柊加梨、柊加理、柊加莉、柊加里、柊可利、柊可李、柊可梨、柊可理、柊可莉、柊可里、柊夏吏、柊奏里、柊果利、柊果吏、柊果李、柊果里、柊架利、柊架吏、柊架李、柊架里、柊狩、柊花利、柊花李、柊花里、柊華吏、柊香利、柊香吏、柊香李、柊香里

「比」という漢字を使って「ひかり」と読む名前

「比」という漢字のイメージ

比のイメージ画像
「比」という漢字からは、物を比べるというイメージがもっとも連想しやすいです。また人が二人並んでいる様子や親しんでいる様子を連想することができます。

「比」という漢字に込められた思い

比のイメージ画像2

「比」という漢字には二つのものを並べて見比べる、同列に並んだ仲間、親しむという意味があります。
なので「比」という漢字を使って名前をつけるとき、誰からも愛されて、したいし友人にも恵まれる豊かな人生を送ってほしい、人との関係を大切にできる人に育ってほしいという願いを込めることができます。

「比」を使って「ひかり」と読む名前54個

比伽利、比伽吏、比伽李、比伽莉、比伽里、比佳梨、比佳理、比佳里、比加利、比加吏、比加李、比加璃、比加里、比可凛、比可凜、比可莉、比可里、比嘉利、比嘉吏、比嘉李、比嘉里、比夏利、比夏李、比夏梨、比夏理、比夏莉、比夏里、比寡利、比寡吏、比寡李、比寡里、比果梨、比果理、比架梨、比架理、比架莉、比歌利、比歌吏、比歌李、比歌里、比花利、比花吏、比花李、比花莉、比花里、比華利、比華李、比華梨、比華理、比華莉、比華里、比香梨、比香理、比香莉

「灯」という漢字を使って「ひかり」と読む名前

「灯」という漢字のイメージ

灯のイメージ画像

「灯」という漢字からは、ロウソクの灯火のように明るく周囲を暖かく照らすというようなイメージを連想することができます。ここから、周囲の人間を明るく温かい気持ちにできるような人柄を連想することができます。

「灯」という漢字に込められた思い

灯のイメージ画像2
「灯」という漢字には、ともしび、あかり、仏の教えという意味があります。
女の子に「灯」という漢字を使って「ひかり」という名前をつける場合、「優しく人を包むような温かい性格を持つ人間に成長してほいしい」「人の心を和ませるような優しい性格を持った人に成長してほしい」といったような願いを込めることができます。

「灯」を使って「ひかり」と読む名前10個

灯加里、灯可利、灯可吏、灯可李、灯可理、 灯可里、灯夏利、灯夏李、灯夏里、灯果利

想いを込めて「ひかり」という名前に漢字をつけましょう!

漢字で「ひかり」と読むことができる漢字について紹介しました。どれも明るい印象を受けるとても良い漢字です。女の子に「ひかり」と名付ける時はぜひ参考にしてください。
https://otokonokajiikuji.com/836/