女の子に「さな」と名前を付けたいときにおすすめの漢字143選

名前を付けるときのポイントは?「さな」と読む名前の印象も

読みを先から決めるときのポイント

子供に名前を付ける際に、漢字より先に読みを決めることがあると思います。その際には子供の成長を願って、意味や由来などの漢字に込められた思いや画数を参考にして漢字を決めていくとよいでしょう。

「さな」と読む名前の印象

最近2文字の名前がよく見られますが、「さな」という名前でも2文字に短くまとめられていてかわいらしい印象があります。また、「さ」の流れる発音からなる爽やかさと「な」で優しく締めることでら女の子らしさを強調することができます。

「佐」という漢字を使って「さな」と読む名前

よく見られる苗字の「佐藤」でも使われている漢字で、世間での通りがよくて分かりやすく、「さな」という名前でも使いやすい漢字であると言えるでしょう。

「佐」という漢字のイメージ

「佐」という漢字は人が助力し助け合うという営みが由来となっています。また、「補佐」などの熟語にも使われていて、「助ける、手助けする、力を貸す」という意味があります。
人が助力し助け合う

「佐」という漢字に込められた思い

「佐」という漢字の意味に従い、人の力になれるような優しい女の子を願って「佐」を使って思いを込めることができます。

「佐」を使って「さな」と読む名前8つ

「佐」を使って「さな」と読む名前には以下のものがあります。

佐凪、佐南、佐名、佐奈、佐菜、佐那、佐鳴、佐和

「冴」という漢字を使って「さな」と読む名前

冴という漢字には牙という字が含まれていて、名前にしたときにかっこよく目立つ文字です。

「冴」という漢字のイメージ

「冴」という漢字は「冴える」と使うように、冴えている、澄み渡る、頭や目の働きが良いという意味があります。「冴」という漢字は、きりりとしていて礼儀を重んじた様子や、人としての強さを感じさせます。
強い人

「冴」という漢字に込められた思い

「冴」という漢字は「冴える」と使う通り、冴えている、澄み渡る、頭や目の働きが良いという意味があります。そこから賢く頭の良い人間や、明鏡止水のように心が研ぎ澄まされた女の子になってほしいという思いが含まれています。

「冴」を使って「さな」と読む名前9つ

「冴」を使って「さな」と読む名前には以下のものがあります。

冴凪、冴南、冴名、冴夏、冴奈、冴梛、冴渚、冴菜、冴那

「咲」という漢字を使って「さな」と読む名前

「咲」という漢字は花に関わる字ということから、女の子の名前に使いやすいのではないのでしょうか。

「咲」という漢字のイメージ

「花が咲く」などと使うように植物がきれいに開花する様、つぼみが開き成長する様を表す漢字です。また昔には「咲う」を「わらう」と使い、人のほほえみを表す漢字でした。花と女性には昔から深いかかわりがあり、「咲」という字は女の子らしさを強く出しています。
女性らしさ

「咲」という漢字に込められた思い

花の成長という意味に沿ってみると、花のように美しい様子や成長する様を願って使われます。また「わらう」という意味にもかけて笑って幸せに過ごすことを思いに込めることもあります。

「咲」を使って「さな」と読む名前20つ

「咲」を使って「さな」と読む名前には以下のものがあります。

咲、咲七、咲凪、咲南、咲名、咲和、咲夏、咲奈、咲寧、咲愛、咲成、咲捺、咲月、咲渚、咲花、咲菜、咲華、咲那、咲飛

「彩」という漢字を使って「さな」と読む名前

 

「彩」という漢字のイメージ

彩という漢字は「いろどり」と読むように、模様や色をとり合わせるという意味があり、模様や配色による多様性、そこから生まれる楽しさを想起させます。また花の色合いを表現するのに多用されることから花のような美しさを表していると言えます。
花のイメージ画像

「彩」という漢字に込められた思い

「彩」の意味にある多様性を重んじて、豊富な経験をして立派な人間になることや、花の色合いに重ねて容姿や心が女性らしく花のように綺麗になるということを願って使われる漢字です。

「彩」を使って「さな」と読む名前17つ

「彩」を使って「さな」と読む名前は、以下のものがあります。

彩七、彩凪、彩南、彩和、彩夏、彩奈、彩己、彩愛、彩月、彩杏、彩水、彩永、彩波、彩渚、彩生、彩菜、彩那

「心」という漢字を使って「さな」と読む名前

「心」という漢字に「さ」というイメージは薄いですが、「さね」という読み方が名のり(名前にだけ使う読み方)で存在します。

「心」という漢字のイメージ

「心」という字はこころや気持ち、精神を表す意味がありますが、その由来となる心臓の位置が体の真ん中にあることから、中心や中央などという意味もあります。それらから心には、「心が優しい・綺麗」や「中心に立っている」等の印象があります。
愛

「心」という漢字に込められた思い

「心」という漢字で名付けることによって、心を大切にする、つまり「優しい心、穢れのない精神を持つ」、「他人の気持ちを尊重する」という思いを込めることができます。

「心」を使って「さな」と読む名前10つ

「心」を使って「さな」と読む名前には以下のものがあります。

心、心凪、心南、心和、心夏、心奈、心花、心菜、心華、心那

「早」という漢字を使って「さな」と読む名前

「早」という漢字にも「さ」という読み方があり、普段は使わない読み方ですが名前で付ける際には珍しくありません。

「早」という漢字のイメージ

「早い」という言葉で使う通り、その漢字には「早い、すみやか、すぐに」という意味がある。そこから時間的に早い、つまり若さを表すという考えから「初々しさ、若さ」という見方もある。
聡明

「早」という漢字に込められた思い

「早」の「若さ」という意味より、「行動力や柔軟な思考などの心の若さ」を女の子に願って、この漢字を使います。

「早」を使って「さな」と読む名前24つ

「早」を使って「さな」と読む名前には以下のものがあります。

早凪、早勿、早南、早叶、早名、早和、早夏、早奈、早奏、早女、早愛、早成、早梛、早梨、早波、早渚、早絆、早花、早苗、早菜、早華、早那、早雪、早雫

「桜」という漢字を使って「さな」と読む名前

春の風物詩の代表として挙げられる「桜」、春生まれの女の子には是非とも使ってみたい漢字です。

「桜」という漢字のイメージ

「桜」の意味は字の通り、バラ科の植物の桜で、その桃色と花びらの可愛さや美しさが特徴であり、漢字のイメージでもあります。また、桜は日本の国花にも指定されていて日本人の精神のあり様、武士道などの象徴となっています。
日本の精神のありかた

「桜」という漢字に込められた思い

「桜」という字を使うことで、その桃色の花の風貌から「素行や心の女性らしさ」を思いに込めたり、「日本人としての精神、潔さ」を女の子に望むができます。

「桜」を使って「さな」と読む名前21つ

「桜」を使って「さな」と読む名前には以下のものがあります。

桜七、桜凪、桜和、桜奈、桜奏、桜愛、桜明、桜月、桜杏、桜楠、桜泉、桜波、桜渚、桜生、桜絆、桜花、桜菜、桜華、桜那、桜雪、桜音

「沙」という漢字を使って「さな」と読む名前

「沙」という字はさんずいから成る海に関する漢字です。夏生まれの女の子や海が好きな親御さんにはオススメです。

「沙」という漢字のイメージ

「沙」という漢字には砂浜や砂を表す意味があり、「沙汰」という熟語では水で洗うことで適否をより分けるという意味があります。前者からは海や砂浜を、後者からは選りすぐられた綺麗なものがイメージされるでしょう。
洗練されたイメージ

「沙」という漢字に込められた思い

海や砂浜を表すことから「海や浜辺のような広く美しいな心を持ってほしい」、選りすぐられたものという意味からは「水に洗われたように綺麗な女の子になってほしい」という思いが込められます。

「紗」を使って「さな」と読む名前16つ

「沙」を使って「さな」と読む名前には以下のものがあります。

沙仲、沙南、沙名、沙和、沙夏、沙奈、沙愛、沙梨、沙永、沙渚、沙絆、沙茄、沙菜、沙菜、沙那、沙雫

「紗」という漢字を使って「さな」と読む名前

「紗」という漢字は画数も多く綺麗で、似た形の「沙」と悩む人が多いのでしっかりとチェックしていきましょう。

「紗」という漢字のイメージ

「紗」という字には薄絹や絹織物という意味があり、絹にあるような繊細で美しい様や、柔らかい様子をイメージできます。また絹の歴史は古いことや、漢字の画数が多く綺麗なことから漢字を扱う日本人らしさを感じることができます。
柔らかな光

「紗」という漢字に込められた思い

「紗」という字が表す絹織物より、繊細な布のように美しく、柔らかで優しい心をもつ女の子になってほしいという願いが込められます。

「紗」を使って「さな」と読む名前18つ

「紗」を使って「さな」と読む名前には以下のものがあります。

紗、紗七、紗凪、紗南、紗名、紗和、紗夏、紗奈、紗愛、紗梛、紗梨、紗渚、紗生、紗花、紗茄、紗菜、紗菜、紗那

想いを込めて「さな」という名前に漢字をつけましょう!

名前は子どもが一生関わっていくものです。いくら考えたり思いを込めたとしても過剰にはなりません。最高の名前を付けましょう。
【関連記事】
https://otokonokajiikuji.com/1643/