女の子に「ひより」という名前をつけたいときにおすすめの漢字113選

名前を付けるときのポイントは?「ひより」と読む名前の印象も

読みを先から決めるときのポイント

読みから先に決めて子供に名前をつける時のポイントとして、漢字の画数や、漢字の持つ意味が大切になってきます。このページでは「ひより」と読むことのできる漢字とその漢字の意味について紹介します。

「ひより」と読む名前の印象

「ひより」という名前からは、ほんわかしている、活発、暖かいといった印象があります。しかし読みだけでなくどの漢字を使うかによってイメージは大きく変わってくると思います。
これから「ひより」と読むことができる漢字について紹介してくのでぜひ参考にしてください。

「妃」という漢字を使って「ひより」と読む名前

「妃」という漢字のイメージ

妃のイメージ画像

「妃」は、「王妃」、「后妃」などと使われるように、元は特に天子の正妻・皇后を表す高貴で僧たちの良さを感じさせる漢字です。

「妃」という漢字に込められた思い

妃のイメージ画像2

「妃」という漢字の成り立ちには諸説ありその一つが、「己」は配偶者を表す漢字「配」の略形のことだと考えられています。「配」という漢字は「(酒樽に)寄り添う人」を表したいます。「この寄り添う人」という意味の漢字の略形と「女」という漢字を組み合わせることで、「寄り添う女性」つまり「妻」をおらわしたと言われています。
そしてこの説は、高貴な存在に寄り添う女性を表す「皇族の妻」を意味するようになりました。「皇族の妻」という意味から「美しい」、「気高い」というイメージにつながります。
名前に「妃」を使うとき「気品がただようような優美な人に育つように」、愛する夫を支えるようなイメージから「自分を持っている強い女性になってほしい」といったような意味が込められています。

「妃」を使って「ひより」と読む名前17つ

妃代莉、妃依、妃依季、妃依梨、妃依里、妃凜、妃和、妃容里、妃生里、妃由、妃縁、妃美麗、妃莉、妃葉里、妃里、妃頼、妃麗(17)

「日」という漢字を使って「ひより」と読む名前

「日」という漢字のイメージ

日のイメージ画像2

「日」という漢字からは、太陽や太陽のひといった明るいイメージが連想されます。

「日」という漢字に込められた思い

日のイメージ画像

「日」という漢字は、太陽の輪郭の丸の中に、中身が充実していることを表す漢字である「一」が入った形をしています。
「日」という漢字を使って名前をつけると、「朝日が昇っていくように、勢いよく進む人生であるように」、「周りの人たちを明るく照らすことのできる明るい心を持つ人に育ってほしい」といったような願いを込めることができます。

「日」を使って「ひより」と読む名前23つ

日世莉、日代里、日依、日依莉、日依梨、日和、日和莉、日和里、日咲、日愛、日歌、日瑶里、日由、日縁、日良理、日葉利、日葉李、日葉梨、日葉里、日詠梨、日陽里、日頼、日麗(23)

「柊」という漢字を使って「ひより」と読む名前

「柊」という漢字のイメージ

 柊のイメージ画像1
「柊」は、クリスマスをイメージした漢字です。「冬」という漢字が入っていることからやはり、冬という季節をイメージが湧いてきます。

「柊」という漢字に込められた思い

柊のイメージ画像2

「柊」という漢字の花言葉は「用心深さ」、「保護」、「先見の明」です。「用心深さ」からは、着実に自分の足で一歩一歩人生を歩んでいってほしいという願いを、「保護」からは災いを跳ね除けるという願いを、「先見の明」からは、将来を見据え地に足ついた行動ができる人に育ってほしいなどの願いを込めることができます。

「柊」を使って「ひより」と読む名前26つ

柊与吏、柊与梨、柊与理、柊世李、柊世理、柊世利、柊世梨、柊世璃、柊世里、柊世莉、柊代利、柊代莉、柊代理、柊代李、柊代梨、柊代理、柊代璃、柊依、柊依利、柊和、柊夜李、柊夜里、柊夜利、柊愛、柊由、柊瑶里(26)

「比」という漢字を使って「ひより」と読む名前

「比」という漢字のイメージ

比のイメージ画像
「比」という漢字からは、物を比べるというイメージがもっとも連想しやすいです。また人が二人並んでいる様子や親しんでいる様子を連想することができます。

「比」という漢字に込められた思い

比のイメージ画像2

「比」という漢字は二つのものを並べて見比べる、同列に並んだ仲間、親しむという意味を持っています。
なので「比」という漢字を使って名前をつけるとき、誰からも愛されて、したいし友人にも恵まれる豊かな人生を送ってほしい、人との関係を大切にできる人に育ってほしいという願いを込めることができます。

「比」を使って「ひより」と読む名前8つ

比代利、比代理、比代莉、比代梨、比代里、比依里、比依李、比夜里(8)

「陽」という漢字を使って「ひより」と読む名前

「陽」という漢字のイメージ

陽のイメージ画像
「陽」という漢字からは「日」と似たような太陽や日向、日の当たる場所を連想することができます。性格の場合は、明るい、活発、積極的、情熱的など様々な性格をイメージできます。

「陽」という漢字に込められた思い

陽のイメージ画像2

「陽」という漢字は、日、日の光、積極的、能動的な性格などの意味を持っています。
「陽」という漢字を使って名前をつけると、「太陽のように明るく、優しい人に成長してほしい」、「実りある豊かな人生を送ってほしい」、「エネルギーを持ち、太陽のように周囲を明るく元気にできる生き生きとした子に育ってほしい」という願いを込めることができます。

「陽」を使って「ひより」と読む名前41つ

陽、陽より、陽世凜、陽世梨、陽世理、陽世莉、陽世里、陽代莉、陽代里、陽依、陽依梨、陽依理、陽依莉、陽依里、陽保、陽和、陽和李、陽和梨、陽夢莉、陽寄、陽愛、陽栗、陽瑶里、陽由、陽由莉、陽糸、陽縁、陽良梨、陽莉、陽華里、陽葉凜、陽葉実、陽葉梨、陽葉理、陽葉莉、陽葉里、陽葉鈴、陽葵、陽遥里、陽道、陽麗(41)

想いを込めて「ひより」という名前に漢字をつけましょう!

「ひより」についての漢字とその意味について紹介しました。このページを見ている方達が子供に名前をつける際の助けになると幸いです。ぜひ紹介した漢字を参考に「ひより」という名前をつけてあげてください。