女の子に「ほのか」という名前をつけたいときにおすすめの漢字183選

名前を付けるときのポイントは?「ほのか」と読む名前の印象も

読みを先から決めるときのポイント

読みから子供の名前を決める時の参考にする代表的な例として、漢字の意味や、画数が挙げられます。このページでは、女の子に「ほのか」と名付ける時に、「ほのか」と読むことができる漢字と、その意味について紹介していきます。

「ほのか」と読む名前の印象

「ほのか」という名前からは、ほんわか、清楚で綺麗といった印象を受けます。さらに、優しく穏やかで賢いと言った印象を受けると思います。

「保」という漢字を使って「ほのか」と読む名前

「保」という漢字のイメージ

保のイメージが画像
「保」という漢字からは、人や、物を守る、大切にするというようなイメージが連想されます。

「保」という漢字に込められた思い

保の漢字のイメージ画像2
「保」という漢字には、養い育てる、大切に守るというような意味があります。子供の象形である「呆」ににんべんを合わせた形をしており、子供を大切に守ることを意味します。
女の子に「ほのか」と名付けル時に「保」という漢字を用いることで、「他人を助ける、育てる、自分より弱いものを守る優しい人に育ってほしい」、「慈愛に満ちた優しい性格を持った人に成長してほしい」といった願いを込めることができます。

「保」を使って「ほのか」と読む名前29つ

保乃果、保乃佳、保乃加、保乃禾、保乃可、保乃夏、保乃香、保乃架、保乃嘉、保乃華、保乃歌、保乃花、保乃叶、保乃伽、保乃架、保乃賀、保乃郁、保乃香、保乃伽、保之香、保佳、保嘉、保夏、保歌、保希香、保華、保花、保野香、

「和」という漢字を使って「ほのか」と読む名前

「和」という漢字のイメージ

和のイメージ画像
「和」という漢字からは、場を和ませる、和らげる、調和といったイメージが連想されます。さらには、日本の文化のような「落ち着いてる」といった印象を受けます。

「和」という漢字に込められた思い

和のイメージ画像2
「和」という感じは、「おだやか、なごやか」を意味する漢字です。「和」は「禾(カ)」とツクリの「口」に分解することができ、「禾」は「軍隊の前にある標識」を、「口」は「神への誓いの言葉である祝詞を入れる器を」表し、二つを合わせて、「軍隊の陣地内で戦を止め、神の前で平和を誓う」といった様子を表します。
この意味が派生することで「仲良くなる」や「おだやかになる、なごやかになる」といった意味が生まれたと言われています。
女の子の子供に「和」という漢字を使って名付ける時は、人との和を大切にする人に成長してほしいといった願いを込めることができます。

「和」を使って「ほのか」と読む名前5つ

和奏、和花、和果、和香、和華

「帆」という漢字を使って「ほのか」と読む名前

「帆」という漢字のイメージ

帆のイメージ画像
「帆」という漢字からは、船のように、風を受けて前へ進むというイメージから、目標に向かってひたむきに走り続けるというようなイメージを連想することができます。

「帆」という漢字に込められた思い

帆のイメージ画像2
「帆」という漢字は、「船を走らせるための風を受ける布」を表す漢字です。
女の子に「帆」という漢字を使って名前をつける時、風を受けて大海原を進むイメージから、「目標に向かって進み、自分の夢をかなえられる人になってほしい」という願いを込めることができます。また、「人生という荒波を乗り越えていってほしい」というような願いを込めることができます。

「帆」を使って「ほのか」と読む名前53つ

帆の香、帆の華、帆の花、帆ノ佳、帆ノ夏、帆ノ果、帆ノ歌、帆ノ海、帆ノ花、帆ノ華、帆ノ香、帆ノ樺、帆乃伽、帆乃可、帆乃佳、帆乃夏、帆乃香、帆乃果、帆乃加、帆乃和、帆乃華、帆乃禾、帆乃架、帆乃榎、帆乃歌、帆乃花、帆乃翔、帆乃雅、帆乃風、帆之佳、帆之可、帆之加、帆之華、帆之花、帆之夏、帆之香、帆加、帆夏、帆奏、帆伽、帆叶、帆帆果、帆架、帆栞、帆楓、帆海、帆禾、帆翔、帆華、帆花、帆野風、帆風、帆香

「星」という漢字を使って「ほのか」と読む名前

「星」という漢字のイメージ

星のイメージ画像
「星」という漢字からは、夜空に浮かぶ星のようにキラキラ輝いている、明るいといったイメージが連想できます。

「星」という漢字に込められた思い

星のイメージ画像2
「星」という漢字には、星、天体、月日の流れ、重要な人物といった意味があります。
女の子の名前に「星」という漢字を使って「ほのか」と名付ける時は、「どの道に進んでも、輝くような才能を発揮できる人になってほしい」、「スターとして、また世の中の重要な人物になってほしい」という願いを込めることができます。

「星」を使って「ほのか」と読む名前9つ

星乃叶、星乃奏、星乃楓、星乃花、星乃香、星叶、星希香、星花、星音奏

「歩」という漢字を使って「ほのか」と読む名前

「歩」という漢字のイメージ

歩のイメージ画像

「歩」という漢字からは、人が道を進んでいく様子が最初に連想されます。またそれになぞって、人が成長していく様子も連組することができます。

「歩」という漢字に込められた思い

歩のイメージ画像2 

「歩」という漢字には「歩く、足で進む」の意味があります。この意味から、女の子に「歩」という漢字を使って「ほのか」という名前をつける時、「前を向いてしっかり自分の道を歩いてほしい」という願いが込められています。
また、「歩」にはゆっくりと歩く姿から、大和撫子のような時日本女性の姿を連想できます。そした「調和」「気遣いができる」といったイメージから、「周囲の仲間と手を取り合い共に前に進んでいってほしい」、「大和撫子のように深い心遣いのできる子に成長してほしい」といった願いが込められています。

「歩」を使って「ほのか」と読む名前36つ

歩乃華、歩の香、歩ノ佳、歩ノ花、歩ノ香、歩乃佳、歩乃果、歩乃可、歩乃華、歩乃夏、歩乃加、歩乃叶、歩乃香、歩乃伽、歩乃嘉、歩乃楓、歩乃歌、歩乃珂、歩乃花、歩乃華、歩之香、歩之花、歩伽、歩佳、歩加、歩叶、歩果、歩望歌、歩望香、歩果、歩楓、歩歌、歩華、歩花、歩香、歩音花

「洸」という漢字を使って「ほのか」と読む名前

「洸」という漢字のイメージ

イメージ画像
「洸」という漢字からは「氵」と「光」の組み合わせから「水の中にある光」のようなイメージが連想することができます。また、キラキラと輝く「光」や「海辺」を連想することができます。

「洸」という漢字に込められた思い

イメージ画像2
「洸」という漢字には、「水が沸き立ち光る様子」を表しています。「光」には四方に広がる様子を表すので「広い」といった意味が「洸」にはあり、「水が深く広い様子」や「水が押し寄せる様子」といったような意味でも使われます。
女の子に「洸」という漢字を使って「ほのか」と名前をつける場合、「光の明るさ」、「深くて広い様子」のようなイメージから、「明るく、物怖じしない子に成長してほしい」、「元気にいっぱい走り回る子に成長してほしい」というような願いを込めることができます。

「洸」を使って「ほのか」と読む名前8つ

洸、洸伽、洸夏、洸果、洸歌、洸華、洸香、洸花

「穂」という漢字を使って「ほのか」と読む名前

「穂」という漢字のイメージ

穂のイメージ画像
「穂」という漢字からは、お米や麦などに代表される、「穀物の穂先、身がつく部分」というイメージが連想されます。また穂という漢字を使った名前からは、「優しく割りを包み込む」といった印象や、温かく優しいといった印象を受けます。

「穂」という漢字に込められた思い

穂のイメージ画像2
「穂」という漢字は「穀物の穂先」や「稲の穂」を表します。稲は人に例えると「中身が詰まった人格者ほど謙虚である」といった意味で使われます。また「高尚な人は、どんなにこまテチても不正をして生き延びようとはしない」というようなことを表しています。
これらの表現から、「人の成長する過程」を連想することができます。
女の子に「穂」という漢字を使って「ほのか」という名前をつける場合、「稲のようにまっすぐ成長してほしい」、「実りのある人生にしてほいしい」、「地面にしっかり根を張り、困難に負けずに大きく成長してほしい」といった願いを込めることができます。

「穂」を使って「ほのか」と読む名前63つ

穂、穂のか、穂の佳、穂の花、穂の香、穂ノ佳、穂ノ加、穂ノ花、穂ノ果、穂ノ香、穂乃佳、穂乃加、穂乃果、穂乃夏、穂乃架、穂乃可、穂乃架、穂乃日、穂乃叶、穂乃楓、穂乃歌、穂乃禾、穂乃花、穂乃華、穂乃香、穂乃薫、穂之佳、穂之加、穂之夏、穂之果、穂之花、穂之華、穂之風、穂之香、穂佳、穂夏、穂加、穂叶、穂果、穂架、穂栞、穂楓、穂樺、穂歌、穂海、穂禾、穂華、穂花、穂榎、穂迦、穂野佳、穂野嘉、穂野花、穂野香、穂風、穂香、穂花、穂乃花、穂乃華、穂乃歌、穂乃香、穂香

「美」という漢字を使って「ほのか」と読む名前

「美」という漢字のイメージ

美のイメージ画像

「美」という漢字からは、文字通り美しい様子や景色を連想することができます。

「美」という漢字に込められた思い

美のイメージ画像2

「美」には、「美しい」「立派」「褒める」というような良い意味ばかりを持っています。容姿のイメージはもちろん、内面から出る「性格の良さ」「おしとやかな振る舞い」といったような様子も想像することができます。
女の子に「美」という漢字を使って「ほのか」と名前をつける場合、「美」というイメージから「美しく綺麗な子に育ってほしい」、「綺麗な心を持った素直で、まっすぐな子に成長してほしい」というような願いを込めることができます。
また「真・善・美」の崇高な考えをベースに、「常に自分を磨き続け、生涯を通して綺麗な人に育ってほしい」「文化や宗教の壁を超えて、普遍的な美しさを求める人に成長してほしい」といった願いを込めることができます。

「美」を使って「ほのか」と読む名前5つ

美ノ加、美乃夏、美乃花、美乃華、美珂

「萌」という漢字を使って「ほのか」と読む名前

「萌」という漢字のイメージ

萌のイメージ画像
「萌」という漢字からは、草木が芽吹くというイメージが連想されます。また、最近のイメージでは可愛いなどということも連想されます。

「萌」という漢字に込められた思い

芽のイメージ画像2
「萌」という漢字は「光を浴びて、草木の芽が出てくる様子」を表したものです。芽がでるというのは新しい命の始まりを表し「(物事の)起こり始め」「兆し」というような意味も持ちます。
「萌」という漢字には、草花が芽生えるという意味から、「成長」「希望」というような前向きなイメージが連想されます。このようなイメージを生かして「元気に成長してほしい」「大きく成長してほしい」「希望を抱いて前向きに育ってほしい」というような願いを込めることができます。
また、「新鮮」というイメージから「いつまでも新鮮な気持ちを大切にして育ってほしい」という願いを込められています。

「萌」を使って「ほのか」と読む名前15つ

萌乃佳、萌乃夏、萌乃禾、萌乃花、萌乃華、萌乃香、萌伽、萌奏、萌果、萌楓、萌華、萌花、萌香、萌楓

「朋」という漢字を使って「ほのか」と読む名前

「朋」という漢字のイメージ

朋のイメージ画像

「朋」という漢字からは、対等に肩を並べられる大切な友達というようなイメージが連想されます。

「朋」という漢字に込められた思い

朋のイメージ画像2

「朋」という漢字には「仲間」「比べる相手がないほど、桁違いに大きいこと」というような意味があります。これらの意味から、女の子に「朋」を使って「ほのか」という名前をつけ場合、「いい友人、仲間に恵まれた人生を送れますように」「財や富に恵まれた人生になりますように」という願いを込めることができます。

「朋」を使って「ほのか」と読む名前5つ

朋乃楓、朋乃香、朋佳、朋夏、朋香

想いを込めて「ほのか」という名前に漢字をつけましょう!

漢字を使って「ほのか」と読むことのできる漢字について紹介しました。ぜひ、女の子に「ほのか」と名付ける時の参考にしてください。
https://otokonokajiikuji.com/836/