1歳10ヶ月の子供の突然の夜泣きの理由・原因は?パパがとるべき対処法と対策も

1歳10ヶ月の赤ちゃんが夜泣きする原因は何なのでしょうか。そして、赤ちゃんのためにパパ・お父さんは何ができるのでしょうか。

生後1歳10ヶ月の子供の状態は?

生後1歳10ヶ月の子供
生後1歳10ヶ月の子供はどのような状態にあるのでしょうか。

生後1歳10ヶ月の子供の状態①:平均身長と体重

生後1歳10ヶ月の身長と体重は以下のようになっています。

身長体重
男の子83.9cm11.3kg
女の子82.8cm10.7kg

(厚生労働省「国民健康・栄養調査」を参照)

生後1歳10ヶ月の子供の状態②:自分のものであるかが認識できる

1歳10ヶ月ぐらいになると自分のものと他人のものの区別ができるようになります。
ママがいつも使っているものに指を指すと「ママ」や「パパ」というようになります。そして、自分のものを他人が使っているのを見ると怒るようになります。
他の子供が自分のものを使っていると子供同士の喧嘩になってしまうので、そのようなときはしっかり止めるようにしましょう。

生後1歳10ヶ月の子供の状態③:トイレトレーニングを始める

1歳10ヶ月になると膀胱におしっこを溜めれるようになって、トイレトレーニングを始める子供もいます。
この時期からおむつを変えるといいです。これまではおしっこしても不快感を感じないようなおむつを購入していたと思いますが、これからはおしっこするとそれを感じやすいおむつに変えるとトイレトレーニングがうまくいきます。
おしっこした場合、「今度はおしっこしたいと教えてね」と子供に言うようにしましょう。そうすると子供は教えてくれるようになるので、トイレの仕方を教えましょう。
いきなり便座に乗るのは大変なので補助便座を購入することがおすすめです。

Amazon APIのアクセスキーもしくはシークレットキーもしくはトラッキングIDが設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。

参考文献
スクスクのっぽくん「子供の年齢別平均身長(男子)1才(幼児)」スクスクのっぽくん(https://www.suku-noppo.jp/data/average_height_boy_01.html、2018年10月28日最終閲覧)
スクスクのっぽくん「子供の年齢別平均体重(男子)1才(幼児)」スクスクのっぽくん(https://www.suku-noppo.jp/data/average_weight_boy_01.html、2018年10月28日最終閲覧)
スクスクのっぽくん「子供の年齢別平均身長(女子)1才(幼児)」スクスクのっぽくん(https://www.suku-noppo.jp/data/average_height_girl_01.html、2018年10月28日最終閲覧)
スクスクのっぽくん「子供の年齢別平均体重(女子)1才(幼児)」スクスクのっぽくん(https://www.suku-noppo.jp/data/average_weight_girl_01.html、2018年10月28日最終閲覧)
アカイク「1歳10ヶ月赤ちゃんの成長と育児で知っておきたいこと」アカイク(https://akachanikuji.com/1year10months、2018年10月28日最終閲覧)

生後1歳10ヶ月の子供のひどい夜泣きの理由・原因は?

夜泣きする子供を慰める父
1歳10ヶ月の子供が夜泣きする理由は判っていませんが、以下の原因があると言われています。

生後1歳10ヶ月の子供のひどい夜泣きの理由・原因①:寝る前に刺激の強いものを見ている

まだ1歳10ヶ月の子供は「この時間になったら、寝る時間だ」というのがわかりませんので、子供が眠いと感じないと寝てくれません。
テレビなどで刺激の強い映像などを見ると睡眠を促すメラトニンというホルモンが分泌されず、赤ちゃんは眠気を感じることができません。その結果、子供は寝れず夜泣きしてしまいます。

生後1歳10ヶ月の子供のひどい夜泣きの理由・原因②:生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れてしまうと子供は夜泣きしてしまいます。
昼寝をしすぎたり、寝る時間や起きる時間がバラバラであったりすると子供は体内時計の調整がうまくいかず、夜泣きしてしまいます。
特に子供を22時以降に寝かせている場合は、子供の将来の生活習慣に悪影響が出てくるといわれていますので、注意が必要です。

生後1歳10ヶ月の子供のひどい夜泣きの理由・原因③:寝る環境が悪い

寝る環境が悪いと子供は夜泣きしてしまうことがあります。
子供の体温は大人に比べて高いので、大人にとって最適な温度も子供にとっては暑すぎるかもしれません。
また、子供によっては、朝の4時~5時によく夜泣きする子供もいると思います。このような子供は明かりを感じると泣いてしまう子供です。

参考文献
「ねんねの3大トラブル最強解決Book」『ひよこクラブ』2018年9月号

1歳10ヶ月の子供が突然夜泣きした時に何をするべき?

子供

1歳10ヶ月の子供が突然夜泣きした時にすべきこと①:少し様子を見る

1歳10ヶ月の子供は夜泣きはするものの、5分ほど泣くと泣き止む場合はありますので、寝るふりなどをして5分間ほど様子を見るようにすると夜泣きの世話も楽になります。
すぐ対応してしまうと、子供は夜泣きすると世話をしてくれると覚えてしまい、夜泣きする日々が続いてしまう場合があります。

1歳10ヶ月の子供が突然夜泣きした時にすべきこと②:一度起こす

もし、なかなか泣き止まない場合は一度思いっきり起こしてしまうの1つの手です。
抱っこしてあげたりして、いつも読んでいる絵本を読んであげたり、子守歌を歌ってあげてもう一度寝かせてあげましょう。

参考文献
「ねんねの3大トラブル最強解決Book」『ひよこクラブ』2018年9月号
ペチママラボ「赤ちゃんの寝かしつけ完全公開!夜泣きのひどかった子が3つの心がけで別人のように
」ペチママラボ(https://petitpetitmama.com/2017/07/27/howtosleep_night/、2018年10月28日最終閲覧)

1歳10ヶ月の子供が夜泣きしないようにするには?

子供

1歳10ヶ月の子供の夜泣きの予防策①: 刺激の強いは寝る前には禁止する

寝る直前までテレビを見せたり、タブレットを見せたりすることを禁止することで子供の夜泣きを減らすことができます。テレビやタブレットの映像は子供にとっては刺激の強いものですので、これを減らすことで子供は眠りにつきやすくなります。
さらに、仕事関係のメールなどをスマートフォンで見ると思いますが、子供を寝かせるときにはできるだけ使わないようにしましょう。

1歳10ヶ月の子供の夜泣きの予防策②:生活習慣の見直し

生活習慣を見直すことで子供の生活習慣の乱れがなくなり、夜泣きする回数が減ります。
子供の起床時刻や就寝時刻や昼寝をする時刻などをしっかり決めることが特に大切です。理想的な就寝時刻は20時で起床時刻は7時といわれています。

1歳10ヶ月の子供の夜泣きの予防策③:入眠儀式を行う

毎日お気に入りの本を読んであげたり、子守歌を歌ってあげたり、毎日行う入眠儀式をすると夜泣きに効果的です。
入眠儀式を行うことで「今は寝る時間なんだ」と赤ちゃんは理解できて、寝るようになります。

参考文献
「ねんねの3大トラブル最強解決Book」『ひよこクラブ』2018年9月号
子ある日和「何時に寝るといい?1歳児の理想的な生活リズムと成長ホルモン
」子ある日和(https://koarubiyori.jp/care/sleep/40400、2018年10月28日最終閲覧)

夜泣きに奮闘するママ・お母さんを気遣おう

母と子供
夜泣きで一番大変なのはやはりママ・お母さんです。そんなママ・お母さんをしっかり気遣うことが大切です。

夜泣きに奮闘するママ・お母さんを気遣おう①:積極的に夜泣きの世話をする

毎日ママ・お母さんが夜泣きの世話をするとママ・お母さんも疲れが取れず、つらい思いをしてしまいます。積極的に夜泣きの世話をすることでママ・お母さんも助かります。
夜泣きの世話をする際はしっかりどの日に世話をするのかコミュニケーションをとるようにしましょう。平日はママ・お母さんがやってパパ・お父さんは休日に世話をするなどしっかり決めましょう。

夜泣きに奮闘するママ・お母さんを気遣おう②:ストレス発散できるものを購入

ママ・お母さんは日ごろ子育てをしていてストレスを溜めてしまいます。ストレスを発散できるように、ママ・お母さんに内緒でストレス発散できるグッズを買ってみてはいかがでしょうか。
甘いものを食べるとストレス発散になるというママ・お母さんも多いのでケーキなどがおすすめです。

夜泣きに奮闘するママ・お母さんを気遣おう③:早く帰る

仕事が終わったら早く家に帰るようにしましょう。
ママ・お母さんは日中一人で子育てをしていて寂しいので、パパ・お父さんが早く帰ってくるとホッとします。さらに、子供をお風呂に入れたり、子供を寝かせたりするとママ・お母さんもくつろげる時間ができて助かります。
ぜひ早めに仕事が終わったら家に帰ってママ・お母さんを手伝いましょう。

夜泣きは二人で乗り越えよう

夜泣きはママ・お母さんの仕事だと考える人もいるかもしれませんが、ママ・お母さんもそれでは大変で疲れてしまいます。二人で協力することで夜泣きを乗り越えましょう。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。