女の子に『いろは』という名前をつけたいときにおすすめの漢字86選

名前を付けるときのポイントは?「いろは」と読む名前の印象も

読みを先から決めるときのポイント

大切な子供に名前をつけるときどのようにして名付ければいいのか迷うことも多いと思います。名付けるときポイントして、用いる漢字に込められた思いや、画数が参考にされますそこで今回は、「いろは」という名前を名づけたいと考えている方に向けて「いろは」と読む漢字と意味について紹介していきたいと思います。

「いろは」と読む名前の印象

「いろは」という名前からは「色」「彩」といった漢字を連想させやすいことから、「美しい」「華やか」などといった女性の美しさ、綺麗さを表した印象があります。

「彩」という漢字を使って「いろは」と読む名前

「彩」という漢字のイメージ

彩のイメージ2
「彩」という漢字からは綺麗に彩られた「美しさ」や「きらびやか」といったイメージが思い浮かび上がります。

「彩」という漢字に込められた思い

少女が木の実持っている画像
「彩」は「采」と「彡」が合わせられた漢字です。「采」は木の実を手で摘みとる場面(つみとる)を、「彡」は髪がなびいている形であり、綺麗で艶やかなイメージ(色、模様)を表現した漢字です。この二つの漢字から「彩」は、木から色をとり、綺麗に飾るという意味を持ちます。
また、人が意識的に色を選んで選択するという意味を持ち、自分で必要なものを選びとっていってほしいという思いが込められています。
「彩」を使って「いろは」という名前をつけるときはこのような思いを込めることができます。

「彩」を使って「いろは」と読む名前32つ

彩羽、彩華、彩伴、彩八、彩初、彩巴、彩帆、彩映、彩春、彩晴、彩栄、彩桜春、彩波、彩珀、彩琶、彩生、彩白、彩絆、彩陽、彩心、彩果、彩桜花、彩流、彩絆花、彩絆華、彩翔、彩芭、彩花、彩葉、彩蓮、彩蕗葉、彩覇(32)

「華」という漢字を使って「いろは」と読む名前

「華」という漢字のイメージ

華のイメージ
「華」という漢字からは、華やか、美しいといったイメージを思い浮かべると思います。い

「華」という漢字に込められた思い

華のイメージ画像2
「華」は花びらが綺麗に咲き乱れている様子を表した漢字です。そして、美しい様子、栄えている様子を表す漢字です。「華」という漢字を名前に用いられる場合、「華やかな人生を送れますように」、「美しい子に育ちますように」などといった思いが込められます。
「華」を使って「いろは」と名付ける場合このような思いを込めることができます。

「華」を使って「いろは」と読む名前5つ

いろ華、彩華、紅華、色華、彩絆華(5)

「羽」という漢字を使って「いろは」と読む名前

「羽」という漢字のイメージ

羽のイメージ画像
「羽」という漢字からは自由という言葉が連想されると思います。羽が生えたように自由に行動できる、鳥のように空を飛ぶような自由な考え方ができるといったような事が連想されます。

「羽」という漢字に込められた思い

羽のイメージ画像2
「羽」という漢字は鳥類の体を覆うように生えているもの、鳥・昆虫などの胴体の両側についている飛ぶための器官を表す漢字です。「羽」という漢字には、様々なことに取り組み活躍することで羽ばたいてほしい、自由にのびのびと生活してほしいといった思いが込められています。
「羽」を使って「いろは」と名付けるときこのような思いを込めることができます。

「羽」を使って「いろは」と読む名前10つ

いろ羽、七羽、依呂羽、初羽、已呂羽、彩羽、依路羽、椛羽、衣路羽、色羽(10)

「花」という漢字を使って「いろは」と読む名前

「花」という漢字のイメージ

花のイメージ画像
「花」という漢字からは自然に咲き誇る花のように綺麗、美しいということをイメージすることができます。

「花」という漢字に込められた思い

花のイメージ画像2
「花」という漢字には、愛らしさ、可愛らしさといった思いが込められています。

「花」を使って「いろは」と読む名前9つ

綺桜花、綺花、菜花、彩桜花、彩絆花、彩花、色花、いろ花、紅花(9)

「葉」という漢字を使って「いろは」と読む名前

「葉」という漢字のイメージ

葉のイメージ画像
「葉」という漢字から真っ先に思い浮かぶのは、花などの茎から生えている葉です。しかし、葉という一括りの中にも様々な状態をイメージすることができます。

「葉」という漢字に込められた思い

葉のイメージ画像2
「葉」には青々と茂る逞しさのような生命力を持ってのびのびと生きてほしいといった思いが込められています。
「葉」はくさかんむり(くさ)、世、木からなります。それぞれ成長力、長い期間、自らの成長と実(実益)をもたらすという意味を持ちます。これらを合わせて「自らを成長させ続ける力に優れ、周囲に必要なものを提供し続けることができる」といったような意味もあります。
「葉」を使って「いろは」と名付ける場合このような思いを込めることができます。

「葉」を使って「いろは」と読む名前11つ

色葉、一路葉、彩葉、いろ葉、依呂葉、彩蕗葉、美葉、音桜葉、伊呂葉、依路葉、紅葉(11)

「一」という漢字を使って「いろは」と読む名前

「一」という漢字のイメージ

リーダーのイメージ画像
「一」という漢字からはリーダーや様々な事におけるトップといったイメージがあります。

「一」という漢字に込められた思い

リーダーのイメージ画像2
「一」には物事のトップに立ってほしい、みんなをまとめることのできるようなリーダーシップを持ってほしいといったような思いが込められています。
「一」を使って「いろは」と名付ける場合、このような思いを込めることができます。

「一」を使って「いろは」と読む名前5つ

一二三、一呂杷、一路葉、一六八、一蕗芭(5)

「色」という漢字を使って「いろは」と読む名前

「色」という漢字のイメージ

色のイメージ画像
「色」という漢字からは赤、青、黄など色という言葉から多様なものをイメージすることができます。

「色」という漢字に込められた思い

色のイメージ画像2
「色」という漢字は「巴」と「ㇰ」からなります。これは人が重なる様子を表したものであり、「包み込むような愛情」に由来しています。また「色」とは色鉛筆などのように様々な色、濃淡の変化などから多様性を持ちます。
なので、周囲に対して深い愛情を持つ人に育ってほしい、様々な可能性を持った子に成長してほしい、色々なものに興味を持つ子に成長してほしいといったような思いを込めることができます。

「色」を使って「いろは」と名付ける場合このような思いを込めることができます。

「色」を使って「いろは」と読む名前14つ

色杷、色葉、色把、色晴、色波、色羽、色初、色巴、色彩、色珀、色琶、色芭、色華、虹色(14)
 

想いを込めて「いろは」という名前に漢字をつけましょう!

「いろは」という名前に関しての、漢字とその意味について紹介しました。みなさんが子供に名付ける時の助けになっていると幸いです。ぜひこの記事で紹介したことを参考に「いろは」という名前を名付けてあげてくだいさい。
【関連記事】
https://otokonokajiikuji.com/836/