妊娠1ヶ月の妊婦と胎児の状態は?パパ・お父さんができることも

妊娠1ヶ月の赤ちゃんの状態や妊婦はどのような状態になるのでしょうか。また、パパが妊娠中のママのためにできることを紹介します。

妊娠1か月目とは?

妊娠 妊婦
妊娠1か月目とはどの期間を指すのでしょうか。

妊娠1か月目とは?:受精から着床の期間

WHO(世界保健機関)の定義によると妊娠1ヶ月目というのは、妊娠0週から妊娠3週までの4週間のことを指します。この時期は「妊娠超初期・妊娠初期」と言われる時期です。
また、この期間は受精卵が子宮内に着床するまでの期間なので、正確に言えば妊娠していない時期です。

妊娠1か月目とは?:受精から着床までの流れ

妊娠2週目に受精卵が出来ます。そこから受精卵は細胞分裂を繰り返し、子宮を目指します。
妊娠3週目には2週目でできた受精卵が子宮内膜に着床し、ここから妊娠が始まります。

妊娠1か月目とは?:着床後の変化

着床を境目にホルモンバランスが変化します。この時にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが活発に分泌されるようになります。
妊娠検査薬はこのホルモンの分泌量によって妊娠を判定します。

参考文献http://www.arax.co.jp/checkone/why.html(なぜ妊娠が分かるの?/アラクス 最終閲覧日:2018年10月14日)

妊娠1ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態

[instagram url=https://www.instagram.com/p/Bo42S12hcxC/]
それでは妊娠1ヶ月の赤ちゃんはどのような状態にあるのでしょうか。

妊娠1ヶ月目の時の胎児(赤ちゃん)の状態①:胎児ではなく胎芽

実はこの頃の赤ちゃんのことは胎児ではなく、胎芽と呼びます。
胎芽は子宮内にできる胎嚢(たいのう)と呼ばれる楕円形の形をした袋に包まれています。この胎嚢が確認されて初めて決定的に妊娠と判断することができます。

妊娠1ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態②:体重と大きさ

妊娠1か月目の赤ちゃんは、まだ受精卵の状態のため赤ちゃんと認識できる形にはなっていません。
妊娠3週目の大きさは1mm程で体重は1g未満です。

妊娠1ヶ月の時の胎芽(赤ちゃん)の状態③:成長速度

受精直後には0.1mm~0.2mmだった胎芽が妊娠3週目には先述の大きさにまで成長していることからも分かるように、赤ちゃんは急激に成長しています。
その成長速度はなんと1日1mmです。

参考文献「胎児計測と胎児発育曲線について」日本産科婦人科学会(最終閲覧日:2018年10月14日)http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/taiji_hatsuiku_kyokusen.pdf

妊娠1ヶ月の妊婦の状態

[instagram url=https://www.instagram.com/p/Bo6YOf1B4NU/]
妊娠1ヶ月の妊婦はどのような様子なのでしょうか。

妊娠1ヶ月の妊婦の状態①:自覚症状はほとんどない

妊娠3週目に着床するため、妊娠1か月目には自覚症状は殆どありません。
ですが、ホルモンバランスの変化により妊娠1ヶ月末には妊娠超初期症状が現れます。

妊娠1ヶ月の妊婦の状態②:妊娠超初期症状

妊娠超初期症状とは以下のような症状を指します。
・気分の変化
・胸が張る、痛む
・少量の出血
・身体のだるさ
・おりものの変化
・高温期が2週間以上続く
・胃のムカつき

妊娠1ヶ月の妊婦の状態③:風邪の症状と似ている

妊娠超初期症状は風邪の症状と似ているため、妊娠1ヶ月の妊婦の多くは妊婦超初期症状であると判断することが難しいでしょう。

妊娠1ヶ月の妊婦のためにパパができること

考える パパ 妊娠 妊婦妊娠1ヶ月目のママをサポートしたい、そんなパパができることとはどのようなことでしょうか。

パパができること①:ママの体調に気を配る

妊娠1ヶ月目の妊婦はほとんど自覚症状がないとはいえ、1ヶ月末あたりから症状が出始めます。小さな変化にパパも気が付けるように日頃からママの体調には注意をしましょう。
最近イライラしているな、調子があまりよくなさそうだな、と感じたら、具合を聞くことも夫婦のコミュニケーションに繋がります。

パパができること②:タバコやお酒は控える

妊娠が発覚したら、ママだけではなくパパもタバコやお酒は控えましょう。
タバコの副流煙には有害物質が含まれているので特に注意が必要です。また、急な体調の変化が起きた際にサポートできるようにするためにも禁酒は重要です。

パパができること③:食事に気を付ける

妊娠が発覚し、妊娠期間に入ると貧血になりやすくなります。
ママが貧血気味だと感じたら、鉄分を含んだものをパパが積極的に用意しましょう。体調に変化がある時期、パパが食事の用意などを進んで手伝うことで夫婦の仲も深まります。
鉄分は赤身のお肉やイワシ、貝類、ホウレン草や小松菜、豆腐などに豊富に含まれています。

妊娠1ヶ月目はママへの思いやりが大切

妊娠1ヶ月目はママでも自覚症状がない場合が多いです。
そのため、パパが日頃からママの様子を把握し、少しでも体調の変化を感じたら産婦人科などの医療機関の受診を勧めましょう。
妊娠1ヶ月目はこれから妊娠が決定づけられる重要な時期、夫婦で互いを思いやる気持ちが大切です。
https://otokonokajiikuji.com/705/
https://otokonokajiikuji.com/2388/

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。