妊娠6ヶ月の妊婦と胎児の状態は?パパ・お父さんができることも

妊娠6か月目とは妊娠20週~23週目の妊娠中期を指します。
妊娠6ヶ月の胎児の状態や妊婦はどのような状態になるのでしょうか。また、パパが妊娠中のママのためにできることを紹介します。

妊娠6ヶ月の胎児の状態

アヒル 子供 赤ちゃん妊娠6ヶ月の胎児はどのような状態にあるのでしょうか。

妊娠6ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態①:体重・身長

妊娠6ヶ月目の序盤である妊娠20週目の胎児(赤ちゃん)の体重は約210g~300g、身長はおよそ16cm~22cmです。また、妊娠6ヶ月目の終盤である妊娠23週目の胎児(赤ちゃん)の体重は約500g、身長は約25cm~28cmです。エコー写真に納まりきらないほどに成長していきます。
上記のデータからも分かるように、赤ちゃんはこの1ヶ月の間で体重は約2倍程成長していますね。その分妊婦・ママの身体も重くなり、腰痛を感じやすくなっていきます。
お父さん・パパは家事を代わりに行ったり、妊婦・ママが横になりやすいように広いスペースの確保などを気を付けましょう。

妊娠6ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態②:全身が胎脂で覆われる

胎児(赤ちゃん)は元々羊水の中でプカプカと浮きながら成長しています。この羊水のおかげで妊婦・ママのおなかが何かにぶつかったときに赤ちゃんに直接衝撃が及ばないようになっています。
そこに更に、妊娠6ヶ月頃になると胎児(赤ちゃん)の身体は胎脂というベタベタとした膜に覆われるようになります。この胎脂は羊水の刺激から胎児(赤ちゃん)を守ったり体温調節の働きをするもので、さらに出産時に胎児(赤ちゃん)が産道を通りやすいよう潤滑油としての役目も果たします。
この胎脂は白っぽいピンク色をしており、生まれた赤ちゃんにも出産時についていることが稀にあります。

妊娠6ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態③:目が開くように

妊娠6ヶ月頃になると、いままで目を覆っていた瞼が分かれるようになり、胎児(赤ちゃん)は時折瞬きをするようになります。
まだ視力は弱いため、ぼんやりとしか見ることはできませんが明暗は分かるようになります。この頃から胎児(赤ちゃん)の生活リズムが形成されるようになる為、妊婦・ママが夜更かしをしないように、夜遅くまで起きていたら優しく声をかけるなどお父さん・パパも気を付けましょう。
また、この頃には既に聴覚が発達しているため、胎児(赤ちゃん)はおなかの外の音が聞こえるようになっています。お父さん・パパは積極的に胎児(赤ちゃん)に声をかけてみましょう。お父さん・パパの声が胎児(赤ちゃん)にとって心地の良いものになってくれるかもしれませんね。

この記事は以下の文献を参考に作成しています。
パンパース 妊娠カレンダー
https://www.jp.pampers.com/pregnancy/pregnancy-calendar/6-months-pregnant
AMOMA 妊娠21週目のママと赤ちゃんの様子
https://www.amoma.jp/column/maternity/trouble/39889.html
(全て最終閲覧日:2018年10月21日)

妊娠6ヶ月の妊婦の状態

妊婦 ママ 胎児 赤ちゃん 妊娠妊娠6ヶ月の妊婦はどのような様子なのでしょうか。

妊娠6ヶ月の妊婦の状態①:むくみに悩まされる

胎児(赤ちゃん)が大きくなるのとともに妊婦・ママのお腹も大きくなっていきます。大きくなったお腹に脚の血管が圧迫され、脚がむくむようになる妊婦・ママも多く見受けられます。また脚だけではなく腕や顔がむくむようになる方も。
むくみは血管が圧迫されることだけが原因ではなく、カリウムの不足や、冷え等も原因と考えられます。
カリウムを補給できるように、ホウレン草やアーモンド、バナナなどのカリウムが豊富に含まれている食材を用意しておきましょう。また、妊婦・ママの身体が冷えないようにブランケットやパーカー、カーディガン等簡単に羽織ることができるものも用意しましょう。
プレゼントで羽織りものを贈るのも良いですね。

妊娠6ヶ月の妊婦の状態②:足のこむら返り

胎児(赤ちゃん)が大きくなり、赤ちゃんが入っている子宮が大きくなってくると下大静脈が圧迫されます。そのため下半身の血液が心臓に戻りにくくなり、血液循環が悪くなるためこむら返りが起きやすくなってしまいます。
こむら返り予防に効果的であるとされているのは、カルシウム足のストレッチやマッサージ、そして身体を温めることです。
カルシウムが豊富な食べ物は木綿豆腐、小松菜、牛乳などの乳製品、シシャモなどが挙げられます。それらの食材が積極的に取り入れられるようなご飯をお父さん・パパが作ってみるのも良いでしょう。また、足のストレッチなどはお腹が大きな妊婦・ママでは行いづらい場合もあるので、お父さん・パパがサポートしましょう。

妊娠6ヶ月の妊婦の状態③:胎動を感じるように

妊娠6か月目になると、ほとんどの妊婦・ママが胎動を感じるようになります。胎児(赤ちゃん)が元気よくお腹を蹴ったり、手足を伸ばすなど活発に動いていることがわかるでしょう。
お父さん・パパも妊婦・ママのおなかに手を添えて、赤ちゃんの元気な様子を感じましょう。一緒に声をかけてみたらお父さん・パパの声に反応して元気にうごいてくれるかもしれませんよ。
また、胎動の位置で逆子であるかが判断出来ると言われています。しかし、妊娠6か月目や7ヶ月目の元気に動いている頃の胎児(赤ちゃん)の多くは逆子であるため、あまり気にしないようにしましょう。
胎児(赤ちゃん)は自然と頭を下に向けるようになっていきます。

この記事は以下の文献を参考に作成しています。
WACOAL BODY BOOK「知っておきたいカリウムのちから」
https://www.bodybook.jp/entry/201606/vol66.html
パンパース 妊娠カレンダー
https://www.jp.pampers.com/pregnancy/pregnancy-calendar/6-months-pregnant
骨粗鬆症財団 カルシウムを多く含む食品
http://www.jpof.or.jp/pdf/sizai/leaf_01_170923.pdf
(全て最終閲覧日:2018年10月21日)

妊娠6ヶ月の妊婦のためにパパができること

ママ パパ 夫婦 妊娠 赤ちゃん 靴
妊婦・ママも赤ちゃんも元気になっている時期が妊娠6か月。そのような時期にお父さん・パパができることを紹介します。

パパができること①:旅行を楽しもう

[instagram url=https://www.instagram.com/p/BafXP81hN6R/]
妊娠6か月目は多くの妊婦・ママも酷いつわりやその他の症状も比較的やわらぎ、元気になっている「安定期」。
赤ちゃんを迎えてからは、暫く夫婦二人だけの時間を取ることは難しくなる為、この時期が出産前に旅行に行く絶好のチャンス。ぜひ、旅行を計画して日頃の疲れを互いにリフレッシュしましょう。
また、お腹も大きくなっているのでマタニティフォトを撮影するのも良いかもしれません。妊娠した記念にもなりますし、赤ちゃんが大きくなった時に見せることもできるので素敵な記念撮影になるでしょう。

パパができること②:足のストレッチなどをお手伝い

お腹も大きくなり、足のむくみやこむら返りに悩まされる妊婦・ママも増えてきます。ですが、胎児(赤ちゃん)が大きくなるのと比例して妊婦・ママのお腹も大きくなっていくため、次第に足のストレッチやマッサージがしづらくなる頃。
お父さん・パパがマッサージなどを手伝ってあげましょう。但し、妊婦・ママをうつぶせにさせるのはお腹を圧迫してしまうので厳禁です。また、腰付近の指圧もやめましょう。
脚のむくみには太ももをもむのが効果的です。太ももをほぐすことで下半身の血のめぐりが良くなります。
また、アロマオイルを使用するのも妊婦・ママもさらにリラックスできるので良いかもしれませんね。妊婦・ママに良いとされているアロマオイルはフランキンセンス、ネロリ、ローズウッド、柑橘系のものです。
また、妊婦・ママには使用しないほうが良いアロマオイルもあり、ジャスミン、クラリセージ、カモミール、ペパーミント、ラベンダー、カモミールジャーマン、ローズ、ローズマリー等が挙げられます。
アロマオイルを使用する際には、妊婦・ママに使用して良いかを十分に調べたうえで使用するようにしましょう。

パパができること③:赤ちゃんの安全対策を始める

出産後にバタバタと準備をすることがないよう、妊婦・ママも動けるうちに家の中の赤ちゃんの安全対策を始めましょう。家具や壁の角に赤ちゃんが頭をぶつけても大きなけがにならないように、部屋の中にある角にはすべてコーナーガードを貼っておくなどの対策も良いでしょう。
その他にもお腹が大きくなり、足元が見づらくなる妊婦・ママのためにもケーブルやコードをまとめておいたり、つまづかないようにするためにコードをガムテープで固定しておくなどの対策も良いでしょう。

この記事は以下の文献を参考に作成しています。
たまひよ 「脚のむくみは、ふくらはぎでなく「太もも」をもんで解消!」
https://st.benesse.ne.jp/ninshin/content/?id=1840
(最終閲覧日:2018年10月22日)

妊娠も折り返し地点!赤ちゃんを迎え入れる準備を

妊娠6か月目は長い妊娠期間の中でも折り返し地点です。赤ちゃんを迎え入れる準備を少しずつ始めましょう。
また、妊婦・ママが体調の良い時期でもありますので夫婦水入らずの時間をゆっくりと過ごすことも忘れずに。一緒に買い物に出かけたり、家事を協力して行ったり、少しお出かけしたりなど、夫婦で過ごせる時間を大切にしましょう。
赤ちゃんが二人の間に生まれてくるまで、まだまだ時間はあります。焦らず、落ち着いて赤ちゃんのための準備を進めていきましょう。
https://otokonokajiikuji.com/2942/
https://otokonokajiikuji.com/3166/

記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。