奥さんのつわり・悪阻はどのタイプ?それぞれの症状と対策・対処法は?

妊娠初期のママ・お母さんにとって一番つらいもの、そう、それがつわりです。つわりの原因は何ののでしょうか。また、ママ・お母さんがつわりで苦しい思いをしている中でできる対策・対処法は何でしょうか。

つわりの原因は何?

つわりを感じる妊婦
つわりは個人差がありますが、多くの妊婦が大変なおもいをします。中でも重篤化することがあり、ママ・お母さんの命に危険が及ぶこともあります。そして、このつわりの原因なのですが、原因についてははっきりとした原因はわかっていません。
今回はつわりの原因とされているいくつかの原因について紹介します。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると様々なホルモンが分泌され、ホルモンバランスが変化するといわれています。特に妊娠初期では胎盤の一部の絨毛組織でhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されるようになります。このホルモンは子宮を妊娠に適した環境に変えることができるホルモンです。
また、プロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンも大量に分泌されるようになります。このホルモンは胎盤を完成させるのを助けてくれるホルモンです。
このように妊娠特有のホルモンが分泌されることで体が変化についていけず、それに伴って嘔吐感を感じることがあります。つわりが楽になるとこれらのホルモンの変化が減っていくので、ホルモンバランスが大きくかかわっているといわれています。

妊婦の体が酸性になる

多くの妊婦は妊娠時に肉や魚という酸性なものを匂ったり、食べたりすると吐き気を感じ、野菜などのアルカリ性の食べ物を食べるとつわりが楽になったという人もいます。
このことから妊婦の体が酸性化して、体の体内を中和するためにアルカリ性のものを好きになると考えることができます。

アレルギー反応の一種

胎児という異物が侵入したと妊婦の体が認識してしまい、アレルギー反応のようなものが起きてしまい、それによって吐き気を感じると考える人もいます。

休めというからだのサイン

つわりは5週目から16週目まで続くといわれています。(個人差があります)16週目というのが安定期の時期と被るため、安定するまで安静にしていなさいというシグナルで、それによって吐き気を感じると考える人もいます。

つわりの種類・症状・対策

つわりを感じ始めた妊婦
つわりにはいくつ種類があって、人によってその種類が違ったり、それらの組み合わせの人もいます。

吐きつわり

吐きつわりというのは一番有名なつわりの種類です。症状としては常に吐き気を感じていて食欲が全くないという症状です。
食事については食べないことで赤ちゃんに影響が出ることを心配する人もいるかもしれませんが、その心配はありません。実際には赤ちゃんはたくさんの栄養をため込んでいるので無理に食べる必要はありません。
しかし、何も飲まないと脱水症状になってしまうこともあるので特に夏は適度な水分補給は必須です。
吐きつわりの対策としては食べれるときにはできるだけ食べるようにしましょう。食事の種類としてはうどんなど喉こしがいい料理やつわりの軽減に役立つといわれるビタミンB6を多く含む食品(バナナ)です。

においつわり

吐きつわりで食欲がなくなる妊婦さんもいますが、中には食べ物のにおいだけで吐き気を感じるママ・お母さんもいます。このようなつわりをにおいつわりといいます。食事以外にも様々なにおいで吐いてしまうことがあります。
においつわりを減らすにはにおいをかがせないことです。刺激の強いものを妊婦の前でかがせるのはおすすめしません。マスクの着用をしてにおいを予防することもできます。

食べつわり

食べつわりというのは吐きつわりの逆で、空腹状態のときに吐き気を感じるようなつわりです。この時は食べ過ぎで妊婦の食べ過ぎによって体重が増大してしまいます。食べ過ぎによる体重の増加で収まればいいのですが、それ以上に妊娠中毒症という病気を誘発してしまう可能性があります。
この病気はママ・お母さんに影響もありますが、赤ちゃんにも大きな影響があるので避けたい病気ですので過度の食糧摂取は控えるようにしましょう。
食べつわりを防ぐためには食事回数を増やす一方で食べる量を減らすことです。今日はこれだけしか食べないと決めてそれを1日のうちで消費するようにするといいです。

眠りつわり

眠りつわりというのは常に眠く感じるような状態です。このようなつわりは寝ればいいというのが一番の対策ですが、ずっと寝ているのはよくないので工夫をするようにしましょう。
この時に注意力が必要な行動は控えるようにしましょう。例えば、自動車の運転は事故を誘発する可能性がありますので控えるようにしてください。

よだれつわり

自分のよだれ(唾液)を飲み込んで吐き気を感じる人もいます。できるだけよだれを飲み込まないようにするのがポイントになります。
この時に有効な対策が定期的にうがいして口の中をすっきりにしておくことです。また、ガムをかむことでよだれの味をごまかすのもいいでしょう。

パパ・お父さんが絶対にやってはいけないこと

妊婦 妊娠 ママ
パパ・お父さんが無意識にしていることがあります。それはほかの人と比較してしまうことです。例えば、「○○さんの奥さんはこれできるのに何で君はできないの」というような発言です。
つわりというのは本当に様々な種類があるため、ひとりひとりが全く違う症状を起こします。つわりの種類も辛さも人それぞれです。
妊婦は特に妊娠初期は非常に精神状態が不安定です。他と比較されるとさらにストレスになってしまうことがあるので気を付けましょう。

まとめ

つわりというのは妊娠初期のママ・お母さんにとって一番大変でつらいことです。ママ・お母さんをしっかりと支えあって協力して見守るようにすることが非常に重要です。
https://otokonokajiikuji.com/1005/
https://otokonokajiikuji.com/995/
https://otokonokajiikuji.com/986/
https://otokonokajiikuji.com/957/

この記事は以下の記事を参考にして書いています。
赤ちゃんの部屋(リンク:https://www.babys-room.net/1509.html)
本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。