奥さんが食べつわり・悪阻の時の対策・対処法は?症状の説明とその原因

つわりには様々な種類のつわりがあります。食べると嘔吐感を感じるママ・お母さんもいますし、逆に空腹感を感じると嘔吐感を感じるママ・お母さんもいます。今回は空腹感を感じると嘔吐感を感じてしまう食べつわりについての原因について紹介します。

食べつわりの症状

食べ物のイメージ
食べつわりというのはどのような症状がみられるのでしょうか。多くの人はつわりを食べると嘔吐感を感じてしまうと考えがちなのですが、実はその逆のこともあり得ます。それが食べつわりです。食べつわりのママ・お母さんに見られる症状としてはお腹が空いているときに嘔吐感を感じてしまうような症状です。
空腹感を避けたいため妊婦はいつも以上にご飯を食べるようになります。しかし、妊婦によっては満腹になってしまって逆に嘔吐感を感じてしまうこともあるとのことです。
これが早い人は妊娠5週間から食べつわりを感じ始めます。そして、12から16週間目まで食べつわりが続きます。そして、終わると妊婦と胎児は安定期に入ります。

食べつわりの原因

具合の悪い女性
食べつわりはなぜ起こるのでしょうか。食べつわりの原因についてはまだ正しい答えがわかっていません。
有力な説としては食べつわりについてはホルモンバランスによる血糖値の低下が挙げられます。
ホルモンバランスの変化によって妊婦の血糖値が低下してしまいます。そしてこれを補うために糖分を食事で補おうと体が食べるようになるとされています。
他にも妊娠による自律神経の乱れによるものであるという考えや、分泌されたホルモンによる副作用であると考える人もいます。

食べつわりによる体重増加には注意

食べ物のイメージ
食べつわりには栄養不足などがないため、心配はないと思っている人もいるかも知れませんが、1つだけあります。過剰な食事摂取による体重の増加には注意してください。体重の急激な増加は以下のような病気を引き起こす可能性があります。

妊娠高血圧症候群

妊娠に高血圧になったり、蛋白尿が出てきてしまう病気です。高血圧によって頭痛やめまいを常に感じたり、むくみなどが症状としてはあります。
この病気は重篤化する胎児のみならず妊婦の命をも脅かす非常に危ない病気です。また、無事に出産した場合にも赤ちゃんのそれ以降の発達にも影響を与えることがあります。しこのような症状が出てきたら病院に行くようにしてください。

妊婦糖尿病

妊娠中に糖尿病になってしまうことがあります。妊娠中に13%の妊婦がこの病気に診断されているので注意する必要があります。この病気は遺伝することもありますが、妊娠中に体重が急増して発病してしまうこともあります。
この病気は妊娠高血圧症候群や糖尿病の合併症など危険な病気を誘発してしまいます。また、胎児にも胎児機能不全や最悪胎児の死にもつながることもあるので注意しましょう。

難産

体重が増加するとやはり脂肪がついてしまいます。そして、産道にも脂肪がついてしまい、産道が狭くなってしまいます。そして、出産の際に赤ちゃんがなかなか外に出るのに苦戦してしまい、ママ・お母さんと赤ちゃんの体力を消耗してしまいます。
難産の際はリスクがかかってしまうため、帝王切開になってしまう可能性があります。無理に自然分娩はせず、医師の指示に従いましょう。

食べつわりへの対処法・対策

ご飯を食べる女性
食べつわりを体重増加せずに乗り越えるにはどのような対処法・対策があるのでしょうか。

低カロリーな食材を回数を増やして食べる

空腹感を感じさせないことが大切なので食べる回数は増やしたほうが空腹な時間は減らせます。しかし、その時に高カロリーのものを食べてしまうと体重が増加してしまいます。高カロリーのものは摂取せずに低カロリーの食べ物を食べましょう。
特にガムや飴は空腹感をごまかすことができるのでガムをかんだり、飴をなめることで低カロリーが実現できます。また、寒天ゼリーなどの低カロリーのものを間食として食べるのもいいでしょう。二人でどんな食べ物がいいのかを考えると非常にいいです。

寝る前に少し食べておく

朝一番で起きた時が最も空腹な時間で食べつわりの妊婦にとっては一番いやな時間です。この空腹感を防ぐために夜寝る前に何かお腹に入れておきましょう。
寝る前なので低カロリーのものを食べるようにしましょう。また、温かい飲みものは満腹感をもたらすので、おかゆやコーンスープなどのスープを飲んでおくと朝に食べつわりで悩むことはありません。

枕元に軽い軽食を

起床した時に食べつわりを起こさないために枕元に軽いご飯を置いておくといいです。これも低カロリーのものをおすすめします。

たまには冷たいものを食べさせる

たまに冷たいものを食べさせましょう。口の中がたまに冷たいものを食べたり、飲んだりするとさっぱりします。食べ過ぎるとお腹を壊してしまうので注意してください。
この時はアイスクリームなどの糖分の高い冷たいものではないものにしましょう。果汁のジュースを凍らせてそれを飲むのもいいでしょう。口の中でこかすことで甘みをじっくり味わうことができ、満足感へとつながります。

まとめ

食べつわりは特に食事をしっかり管理して、過度に体重が増やさないことが非常に大切です。つわりはママ・お母さんにとってはとてもつらいです。しっかりとママ・お母さんを支えられるように工夫などをしてママ・お母さんを喜ばせましょう。
https://otokonokajiikuji.com/955/
https://otokonokajiikuji.com/2388/
https://otokonokajiikuji.com/2439/

この記事は以下の記事を参考にして書いています。
赤ちゃんの部屋(リンク:https://www.babys-room.net/17833.html)
本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。