奥さんがよだれつわり・悪阻の時の対策・対処法は?症状の説明とその原因

妊娠初期で最も妊婦が大変なもののひとつのつわり。つわりには皆さんが知っているようなご飯を食べて吐き気がして吐いてしまうというつわりもありますが、ママ・お母さんによってはそういうのはなく、自分のよだれで不快感を感じ嘔吐感を感じてしまうよだれつわりで苦しむママ・お母さんもいます。このような特にどうすればいいのでしょうか。

よだれつわりの症状

悩む女性のイメージ
妊娠すると多くの妊婦は唾液が増えることを実感します。通常に比べて唾液が増えることがあり、「唾液過多症」と呼ばれることがあります。
よだれの分泌量は個人差がありますが、軽い人は食べているときに増えていると感じますが、分泌量が多い人は寝ているときによだれをシートに垂らしてしまうほどの量が出ます。
他にもつわり特有のこのような症状が出ます。

  • 全身のだるさ
  • 食欲不振
  • 常に眠気を感じる
  • 嘔吐感

このような症状が早い人は妊娠5週目ごろから感じ始めます。そして12週目ぐらいで和らぎ始めて、16週目ぐらいにはほとんど感じなくなる人もいます。これまでつわりで苦しんでいたいたママ・お母さんがいきなり元気になったというのもよく聞く話ではあります。

よだれつわりの原因

妊婦と旦那
よだれつわりはなぜ起こるのでしょうかという質問にはまだ正しい答えはありません。しかし、以下のようなことで引き起こされているのではないかといわれています。

ホルモンによる消化機能の低下

よだれつわりだけではなくつわり全体に言える一つの原因としてホルモンバランスの変化が原因とされています。妊婦は妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)やプロゲステロンという女性ホルモンが大量に分泌されます。
このプロゲステロンによって胃腸の消化機能が低下させてしまう、代わりに事前に消化を助けてくれる唾液を増やすという風に考えられています。

妊娠によるストレス

妊婦は妊娠するとつわりや様々な不安を感じてしまい精神的に不安定になってしまいます。そして、それらによってたくさんのストレスを抱えてしまいます。
ストレスを感じてしまうとストレスホルモンというものが分泌されます。このストレスホルモンは胃腸の消化機能を低下させてしまいます。これによって、唾液で消化を助ける唾液が大量に分泌されるという風に考えられています。

ビタミンB6の不足

ビタミンB6はストレスホルモンを減らすという効果があります。ですので、ビタミンB6の入っている食品を食べるといいでしょう。
ビタミンB6巴ストレスホルモンを減らす効果があるため、幸せを感じさせる物質として最近注目されています。それ以外にも美容効果もあるのでとるようにしましょう。

よだれつわりの対策・対処法

パンケーキのイメージ
よだれつわりになったら、どのようなことをすることができるのでしょうか。

ビタミンB6商品を食べる

ママ・お母さんと一緒に食べるときはビタミンB6の食材をたくさん意識的に使った料理を調理して、食べましょう。これによって妊娠のストレスも減らせますし。唾液も減ります。また、ビタミンB6はほかのつわりの症状にも有効的なので、ぜひたくさん食べましょう。
ビタミンB6がたくさん含まれている食材は以下のようなものがあります。

魚類

魚類の中で特にビタミンB6が豊富なのはマグロやさんまです。(かつおは秋かつおも春かつおも豊富に含まれています。)一番取れるのは刺身なので、お寿司や丼で食べるとたくさん摂取できます。
また、寿司や丼は酢を使います。酢などの酸っぱいものにはよだれをごまかすことができるため、酢を料理を使うといいです。

果物

果物でビタミンB6が取れるのはバナナやアボカドです。バナナは調理をしてもいいですし、スムージーみたいにおいしく飲むこともできます。アボガドは様々な料理に合いますのでそれらと一緒に食べるといいです。

肉類

肉類で豊富にあるのはレバーです。レバーは好き嫌いがありますが、もし食べられるのであればぜひたくさん食べるようにしましょう。

マッサージしてツボを押す

ママ・お母さんをまマッサージする際にツボを押すといいです。この時に内関というツボを押してください。内関とは手首内側の手との境界線から、胴体の方に向かって指で2~3本離れたところにあるツボのことです。ここを押すと胃腸の消化機能が上がるとされています。

生活習慣を大切に

いろいろとママ・お母さんは大変で生活習慣が乱れてしまっている可能性があります。眠気などが出てくるママ・お母さんは特に不規則な生活習慣になりがちです。これによって体内時計が狂ってしまい、自律神経がおかしくなってしまいます。自律神経がおかしくなるとよだれつわりがさらに悪化します。
もし不規則な生活を送っている場合は優しく注意するようにしましょう。

よだれつわりの注意点

 
気持ちよさそうな女性
よだれつわりになったママ・お母さんで一番気を付けたいのはよだれの過剰分泌による脱水症状です。特によだれを外に出してしまう人は脱水症状になりやすいので注意してください。
また、飲むものは水でいいですが、ミネラルウォーターを飲み続けていると血液の浸透圧が下がってしまうのでこれによってつわりが悪化してしまう可能性があります。
ミネラルウォーターなどの水でもいいですが、それ以外にもスポーツドリンクを飲むといいでしょう。

まとめ

つわりというのは多くのママ・お母さんにとって最初の試練でもあります。ですので一緒に協力しながらそっと見守ってあげてください。そして、つわりを和らげるためにどのようなことができるかを考えていきましょう。
https://otokonokajiikuji.com/955/
https://otokonokajiikuji.com/2388/
https://otokonokajiikuji.com/2439/

この記事は以下の記事を参考にして書いています。
こそだでハック(リンク:https://192abc.com/14110)
妊娠出産役立ちブログ(リンク:http://www.boori.jp/blog/yodare-tsuwari)
本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。