妊娠2ヶ月の妊婦と胎児の状態は?パパ・お父さんができることも

妊娠2か月目とは妊娠4週~7週6日目を指します。
妊娠2ヶ月の胎児の状態や妊婦はどのような状態になるのでしょうか。また、パパが妊娠中のママのためにできることを紹介します。

妊娠2ヶ月の胎児(赤ちゃん)の状態

妊婦 妊娠2ヶ月目 胎児

妊娠2ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態①:体重・大きさ

妊娠4週目には胎のうの大きさは0.3mm~2mmほどですが、妊娠7週目には赤ちゃんだけで8~10mm程にまで成長します。重さは4週目で1.13g。7週目で約4gにまで成長します。

妊娠2ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態②:エコーで見えるように

妊娠4週目にはまだエコー検査をしても胎のうが確認できる程度ですが、7週目にはぼんやりと形が分かるように。
超音波検査で胎嚢が確認できると子宮外妊娠の可能性もなくなるので安心です。また、この時期に心音が確認できることで流産の可能性は5%にまで下がります。

妊娠2ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態③:器官形成が始まる

妊娠2か月目は器官形成気とも呼ばれていて、この時期には皮膚や髪の毛から始まり、腎臓やその他臓器が形成されます。つまり赤ちゃんにとってとても重要な時期です。

妊娠2ヶ月の妊婦・ママの状態

[instagram url=https://www.instagram.com/p/Bo7hgauh27o/]
妊娠2ヶ月の妊婦はどのような様子なのでしょうか。

妊娠2ヶ月の妊婦の状態①:妊娠初期症状が出でくる

妊娠2ヶ月目は妊娠初期症状が出始めます。主な妊娠初期症状は以下の通りです。勿論個人差はあるので、妊娠初期症状が現れない妊婦・ママもいれば症状がとても重い妊婦・ママもいます。

  • 着床出血
  • 生理がこない
  • おりものが増える
  • 基礎体温が高い日が続く
  • だるい、熱っぽい(風邪のような症状)
  • 強い眠気
  • 胸が張る
  • 乳首が黒くなる、痛い、かゆい
  • 腹痛
  • 便秘
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 貧血
  • 肌荒れ
  • イライラする、情緒不安定
  • つわり

妊娠2ヶ月の妊婦の状態②:つわりがはじまる

先述の通り、妊娠2か月に入ると個人差はありますがつわりが始まります。
しかも、つわりは皆さんが想像する「吐きつわり」だけではなく、「よだれつわり」や「食べつわり」「眠りつわり」、「においつわり」等5種類もあります。
つわりは実はいくつかのタイプがあり、それぞれで症状・できることが変わってきます。どんなタイプの悪阻があるのか・それぞれの対処法も確認してみましょう。
https://otokonokajiikuji.com/955/

妊娠2ヶ月の妊婦の状態③:ストレスを抱えやすくなる

妊娠2か月目は絶対過敏期とも呼ばれ、薬の影響が最も出やすい時期であるため、妊婦・ママは特に自分の体調管理に注意しています。
また、妊娠初期症状による体調の変化や子育てへの不安などでこの時期の妊婦・ママは特にストレスを溜めやすくなっています。
この時期は特にママの精神面でのサポートも重要になってきますね。

妊娠2ヶ月の妊婦のためにパパができること

妊婦 ママ パパ 妊娠2ヶ月それでは妊娠2ヶ月の妊婦、ママのためにパパが出来ることはどのようなことでしょうか。

パパができること①:母子手帳(母子健康手帳)をもらいに行く

妊娠が確定したらまずすること、それは母子手帳をもらうことです。
住民票がある市区町村の役所や保健所に「妊娠届」を提出して母子健康手帳を受け取りましょう。またこの母子手帳とともに妊婦健診費用の補助を受けることができる受診票も受け取ります。
この母子手帳は妊娠中だけでなく産後も使用します。パパ・ママどちらも使えるようなデザインの母子手帳ケース選びをしてみてはいかがでしょうか?

パパができること②:妊婦健診につきそう

妊婦健診は胎児(赤ちゃん)の健康だけでなく、ママの健康もチェックするもの。
この時期は切迫流産などの危険性やその他の不安もある時期。ママ一人での受診はきっと心細いはず。そんな時にパパも連れ添うことでママの不安も軽減され、夫婦の一体感も高まるはず。

パパができること③:妊婦・ママが過ごしやすい環境づくり

この時期は様々な不安で妊婦・ママがストレスを溜めやすくなったり、体調の変化で思うように体が動かなくなる時期。
ママの体調を気遣い、ママが過ごしやすい、ストレスを感じることが少ないような環境づくりを心がけましょう。ママの話を聞いたり率先して家事をしてみたり。
また、「○○さんの家の奥さんは~」と比べたり、体調が悪くて動けないママを責める発言や態度は禁物です。

妊娠は妊婦・ママだけの出来事ではない

妊娠が確定したり、妊娠初期症状が出始めママの体には大きな変化が訪れる時期。
ですが、妊娠は決してママだけの出来事ではありません。
パパもママを支え、二人で妊娠期間を乗り越えるための最初の重要な時期。積極的に家事を手伝ったり、不安な気持ちを受け入れられるような心構えづくりを行っていきましょう。
https://otokonokajiikuji.com/705/
https://otokonokajiikuji.com/2342/
https://otokonokajiikuji.com/2439/

この記事は以下の記事を参考にして書いています。
C.産婦人科検査法 12.妊娠初期の超音波診断」日産婦誌59巻6号http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5906-152.pdf    (最終閲覧日:2018/10/15)
本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。