女の子に「いと」という名前をつけたいときにおすすめの漢字183選

名前を付けるときのポイントは?「いと」と読む名前の印象も

読みを先から決めるときのポイント

子供に名前を付ける際に、漢字より先に読みを決めることがあると思います。その際には子供の成長を願って、意味や由来などの漢字に込められた思いや画数を参考にして漢字を決めていくとよいでしょう。

「いと」と読む名前の印象

「いと」という名前は珍しいと思います。「」を連想させるひびきであり、そこからつながり・絆などが連想させやすいです。

「伊」という漢字を使って「いと」と読む名前

おしゃれなコーヒー

「伊」という漢字のイメージ

伊はもともと神様を寄せ付ける聖職者の意味を表す字でした。当初は聖職者の名前に使われていましたが、その後当て字の意味を持つ漢字として広く浸透しました。イタリアを表す漢字として用いられるため、モダンでお洒落なイメージがあります。

「伊」という漢字に込められた思い

伊という字の表す「聖職者」は神様と人間をつなぐ役割を果たす人であり、そこから「周りを調和させる」という意味にも結びつけられました。そのことから、周りと調和のとれる人になって欲しいという願いが込められています。また、イタリアのイメージから、お洒落で知的な人になって欲しいという願いも込められています。

「伊」を使って「いと」と名前6つ

伊都、伊斗、伊杜、伊登、伊采、伊音

「依」という漢字を使って「いと」と読む名前

依のイメージ

「依」という漢字のイメージ

依という字には頼る・寄りすがる・従うという意味があります。依の字を構成する「衣」は、体を包み込むことから、体を守る→頼れるというイメージが出来上がりました。

「依」という漢字に込められた思い

依という字の持つ、人を包み込むというイメージから、人の心を優しく包み込み、周りから頼られ、慕われるような人になって欲しいという願いが込められています。

「依」を使って「いと」と読む名前11つ

依与、依人、依仁、依采、依都、依斗、依杜、依兎、依透、依音、依飛

「維」という漢字を使って「いと」と読む名前

維のイメージ

「維」という漢字のイメージ

維という字には、つなぐ・ささえる・たもつという意味があります。続けるというイメージが強いことから、忍耐強い・努力するという印象があります。

「維」という漢字に込められた思い

続くことのイメージが強いことから、人とのつながりが絶えず続く人生を歩んで欲しい努力を惜しまず、成功して欲しいという願いが込められています。

「維」を使って「いと」と読む名前10つ

維乙、維人、維兎、維十、維時、維翔、維都、維采、維音、維杜

「衣」という漢字を使って「いと」と読む名前

衣のイメージ

「衣」という漢字のイメージ

衣は、を意味します。服は身体を包み込み、暖かく守ってくれます。このことから、優しい・暖かいといういめーじがあります。

「衣」という漢字に込められた思い

服から優しさ・暖かさをイメージさせることから、人を包み込むような優しく、暖かい心を持った人になって欲しい気配りのできる繊細な心を持った人になって欲しいという願いが込められています。

「衣」を使って「いと」と読む名前10つ

衣人、衣兎、衣利、衣十、衣都、衣杜、衣采、衣翔、衣音、衣透

「泉」という漢字を使って「いと」と読む名前

[instagram url=https://www.instagram.com/p/Bpwrg3KDZ9R/]

「泉」という漢字のイメージ

泉というのは、自然が生み出した水の湧き出す場所のことです。泉のある場所では、植物・動物が生きていくことができます。このことから、生命力のある・才能を持ったというようなイメージがあります。

「泉」という漢字に込められた思い

泉は生命を意識させ、湧き上がるものであることから、エネルギッシュで、才能溢れる人になって欲しいという願いが込められて。また、泉の周りには動植物が集まることから、人に慕われるような人間性を持って生きて欲しいという願いお込められています。

「泉」を使って「いと」と読む名前3つ

泉富、泉杜、泉音

「愛」という漢字を使って「いと」と読む名前

華のイメージ画像2

「愛」という漢字のイメージ

愛という字は古くから女の子の名前に使われてきました。その名の通り愛する気持ちを想起させ、そこから思いやり、優しさがイメージされやすい字です。

「愛」という漢字に込められた思い

最も多いのは、人を愛し、人に愛されるように育って欲しいという願いでしょう。そこから、一途に愛す強い心を持って欲しいという願いも込められています。

「愛」を使って「いと」と読む名前3つ

愛、愛歌、愛都

「唯」という漢字を使って「いと」と読む名前

唯のイメージ

「唯」という漢字のイメージ

唯という字には、ただひとつ他にはないものという意味があり、唯一という単語に使われています。ただひとつという麺から、尊さ、ひとつのものを信じるという芯の強さというイメージがあります。

「唯」という漢字に込められた思い

唯は、ただひとつという意味の強いことから、自分という唯一の世界を持った、芯の強い人になって欲しい自分を大切にできる人に育って欲しいという願いが込められています。

「唯」を使って「いと」と読む名前4つ

唯翔、唯都、唯采、唯音

想いを込めて「いと」という名前に漢字をつけましょう!

名前はその人の人生に大きな影響を与えます。いろいろな字をいろいろな観点から考えて、満足できる名前を子供につけてあげましょう。
https://otokonokajiikuji.com/836/