妊娠7ヶ月の妊婦と胎児の状態は?パパができることは?

妊娠7ヶ月の胎児の状態や妊婦はどのような状態になるのでしょうか。また、パパが妊娠中のママのためにできることを紹介します。

妊娠7ヶ月の胎児の状態

妊娠24週から27週にあたる妊娠7カ月目。出産までおよそ3カ月となり体が大きく体機能も発達する時期です。

妊娠7ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態①:体重・大きさ

メロン
妊娠24週目の胎児の体重は600g~1000gになり、大きさは35cmくらいになります。目安としてはメロン1個分の大きさと重さです。また27週目になると体重は重くて1300gくらいまでになることがあります。ついに体重は1kgを超えますが、出産時には体重は3000gほどになることから、まだまだ大きさが増していくことが分かります。

妊娠7ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態②:体機能の充実

この時期になると視覚や味覚、発声器官などが完成されます。しかし喉の筋肉がないため声を出すことはかないませんが、妊婦さんの血糖値は羊水にも影響するため食事によっては甘いなど赤ちゃんも感じるかもしれません。また外性器もこの時期から判別がつくようになり、エコー診断の際に男の子か女の子か判明することがあります。また記憶や聴覚も発達するので、赤ちゃんに音楽を聞かせたいという家庭はこの時期から実践してみましょう。

妊娠7ヶ月の時の胎児(赤ちゃん)の状態③:逆子の心配

妊娠7カ月にもなると赤ちゃんは羊水の中を動き回れるようになります。しかし本来胎児は子宮の中では頭を下に向けるのが望ましいのですが、動き回ったことにより逆子という頭を上にした状態になることがあります。逆子になると出産が難しくなり帝王切開で摘出する場合が多いです。妊娠7カ月の時点で逆子と診断されたとしてもマッサージなど適切な処置を行えば、出産時には逆子を治すことができるので、お医者さんの話を聞いてしっかりと対策しましょう。

参考文献
たまひよ「妊娠7ヶ月-妊娠中期-妊娠24週~27週」たまひよ(https://st.benesse.ne.jp/ninshin/chuki/7month/,最終閲覧日2018年10月25日)
パンパース「妊娠月別症状: 妊娠7ヶ月目(https://www.jp.pampers.com/pregnancy/pregnancy-calendar/7-months-pregnant,最終閲覧日2018年10月25日)
ニンアカ「7ヶ月目」ニンアカ(https://ninsin-akachan.com/category/months/symptoms-7months/,最終閲覧日2018年10月25日)

妊娠7ヶ月の妊婦の状態

赤ちゃんの体重も1kgを超え始める時期に、妊娠7ヶ月の妊婦にはどのようなどのような体調の変化があるのでしょうか。
 

妊娠7ヶ月の妊婦の状態①:おなかの大きさになれ始める

胎動を感じる
妊娠中期にはお腹がどんどん大きくなりますが、妊娠7か月にもなるとお腹を抱えて歩くのにも慣れると思われます。それでもお風呂や階段では転倒のリスクがあるので慣れた時期にこそなお一層注意が必要です。

妊娠7ヶ月の妊婦の状態②:体重管理が困難に

妊娠7カ月を過ぎると赤ちゃんにも脂肪がつくようになり妊婦さんの体重もどんどん増えていきます。体重が増えると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクも大きくなります。また逆に体重を低くしすぎると出産の体力が損なわれたり、胎児が成長しにくくなる胎児発育不全に陥りやすくなります。妊娠7か月には体重管理により一層の注意を払う必要があります。またお腹が大きくなり腰痛や妊娠線にも気を付ける必要があります。

妊娠7ヶ月の妊婦の状態③:ホルモンバランスの乱れ

胎児を体内で育てる際に母親はホルモンによって胎児を守っていきます。例えば異物を攻撃する免疫細胞をホルモンが弱めることで赤ちゃんに悪い影響が及ばないようにしています。しかし母親の体も病原菌に攻撃されやすくなるため、インフルエンザなどの感染症にもかからないよう注意が必要です。また妊娠中期の症状としては体毛が濃くなるような症状や、頭皮が脂っぽくなったりふけが多く出たりなどの症状が出ます。妊娠中なら起きてしまう症状なのでショックをあまり受けないでください。

参考文献
たまひよ「妊娠7ヶ月-妊娠中期-妊娠24週~27週」たまひよ(https://st.benesse.ne.jp/ninshin/chuki/7month/,最終閲覧日2018年10月25日)
ニンアカ「7ヶ月目」ニンアカ(https://ninsin-akachan.com/category/months/symptoms-7months/,最終閲覧日2018年10月25日)

妊娠7ヶ月の妊婦のためにパパができること

考える人
赤ちゃんの体重も増してくる妊娠7か月に、父親はどうやって母親を支えることができるのでしょうか。

パパができること①:食事の管理

妊娠7か月には赤ちゃんの味覚も形成され、妊婦さんの食事の内容が羊水の味にも影響を与えます。辛い物を頻繁に食べていると羊水の味も偏ってしまい、特殊な味覚が形成されるかもしれません。様々な種類の食事をするような機会を父親が作るようにしましょう。また激しい運動が出来ない妊婦さんにとって、食事による体重のコントロールは重要です。胎児の体重が増えて体重も大きく動きやすいこの時期に、食事の内容を見直すなどして支え合っていきましょう。

パパができること②:母親の変化に適応する

赤ちゃんを成長させていく中で、ホルモンバランスの影響で母親は髪の乱れや胸の形や色の変化など容姿に影響を与えます。その中で母親はパートナーである父親を最も気にします。だからこそ父親がその事実を受け止め真摯に接していく必要があります。妊娠による体の変化を知っていくことで安心して二人で子供を育てられる環境を作りましょう。また妊娠後期直前ですが早産の起こる可能性が十分にある時期です。違和感のある症状が見られたら積極的に病院に行き医師に相談しましょう

パパができること③:外出の見直し

トラベル
今後妊娠後期を迎えるにあたって、旅行などを考える夫婦も少なくありません。マタニティ向けの旅行プランも増えていますが、妊娠中期だからと言って気を緩めてはいけません。この時期には早産の可能性もありますし、旅行先の産婦人科は必ずチェックしたり母子手帳や保険証を持ち歩かなくてはいけません。他にも妊婦さん用の持ち物は多くなってしまうため、どうしても大変で疲れやすくなってしまいます。これからも家族で過ごす時間は十分あると考えるならこの時期の旅行は控えてもいいのではないでしょうか。

参考文献
ニンアカ「
7ヶ月目」ニンアカ(https://ninsin-akachan.com/category/months/symptoms-7months/,最終閲覧日2018年10月25日)

母親の体の変化を気遣える父親になりましょう

赤ちゃんの体重が1kgを超え始める妊娠7カ月には、妊婦さんの体にも大きく変化を与えます。妊娠から7カ月と過ごしてきて”慣れ”が発生してくる時期だとは思いますがそういう時にこそ気を引き締めることが大事です。気持ちを引き締めて母親と二人で妊娠後期を迎えられるようにしましょう。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。