女の子に「りお」と名前を付けたいときにおすすめの漢字89選

名前を付けるときのポイントは?「りお」と読む名前の印象も

読みを先から決めるときのポイント

読みから先に決めて子供に名前をつける時のポイントとして、漢字の画数や、漢字の持つ意味が大切になってきます。このページでは「りお」と読むことのできる漢字とその漢字の意味について紹介します。

「りお」と読む名前の印象

「りお」と聞くと思い浮かぶのは、2016年の夏季オリンピックの開催地リオデジャネイロではないでしょうか。ラテン文化を感じさせるリオデジャネイロのイメージは、「りお」という名前にも「華やかさ」のイメージを与えます。華やかなかわいらしさを感じさせるでしょう。

「俐」という漢字を使って「りお」と読む名前

さいころ

「俐」という漢字のイメージ

「俐」という漢字は、「見た人と穂先がたれかかる稲、鋭い刃物の図」とを組み合わせて生まれました。そこから、
賢い、立派、抜け目がない、運が良いなどの意味が生じました。この意味からは聡明な人がイメージされることでしょう。

「俐」という漢字に込められた思い

漢字の意味から、「知的で落ち着いた人になって欲しい」、「素晴らしい洞察力と知恵で人生を切り開く、気品あふれる賢い人に育って欲しい」といった思いが込められるでしょう。
 

「俐」を使って「りお」と読む名前7つ

俐凰、俐央、俐愛、俐桜、俐緒、俐織、俐音

「凛」という漢字を使って「りお」と読む名前

「凛」という漢字のイメージ

「凛」という漢字のイメージ

「凛」を使った言葉を想像すると、「凛とした」「凛々しい」などがすぐに思い浮かびます。これらの言葉からは「上品で洗練された」「清らかで美しい」「芯があって、しっかりしている」などの印象を受けると思います。そこからは「品のある美しさ」が想像できそうですね。クールというところから「知性がある」「賢い」印象も与えてくれます。

「凛」という漢字に込められた思い

「清らかで美しい」様から「凛とした人になってほしい」といった願いや、「芯の強さ」や「知性がある」様子から「筋を通し、きっぱりと自分の意見を言える人になってほしい」、あるいは「段取りよくスマートに行動できる人になってほしい」という願いを込められます。

「凛」を使って「りお」と読む名前14つ

凛央、凜乙、凜旺、凜桜、凜櫻、凜生、凜緒、凜織、凜音、凜零、凜麻、凜凰、凜和、凛愛

「利」という漢字を使って「りお」と読む名前

「利」という漢字のイメージ

「利」という漢字のイメージ

「利」は「鋭い」「役に立つ」「もうけ」「良い、順調な」など、様々な意味がある漢字です。そこから、「利発な」「活発な」などのイメージが浮かびます。

「利」という漢字に込められた思い

「利発な」様子から「賢い子になるように」と考えられますし、「役に立つ」の意味からは「周囲の人の役に立つような人になってほしい」「縁の下の力持ちとして周囲の信頼を集める子になってほしい」などを考えることもできます。

「利」を使って「りお」と読む名前11つ

利央、利愛、利旺、利櫻、利桜、利生、利穂、利緒、利織、利音、利絃

「吏」という漢字を使って「りお」と読む名前

「吏」という漢字のイメージ

「吏」という漢字のイメージ

「吏」は、役人の象徴となる旗ざおを手に持った状態の図から生まれた漢字です。汗水たらして仕事をしていた役人を示すことから、誠実さを感じさせられます。日常ではあまり使用されないため、新鮮な名前を作ることができるでしょう。

「吏」という漢字に込められた思い

役人や仕事をする人の意味に用いることから、「社会に貢献できる人に、平和な世にするために力を注げる人になってほしい」と願って、また、「安定した堅実な人生を歩んでほしい」いう気持ちも込めて、名前を付けるでしょう。

「吏」を使って「りお」と読む名前9つ

吏乙、吏央、吏桜、吏穂、吏絃、吏緒、吏織、吏音、吏麻

「李」という漢字を使って「りお」と読む名前

「李」という漢字のイメージ

「李」という漢字のイメージ

「李」には果物の「瑞々しい」「かわいらしい」「魅力的」な様子や、果実を実らせる「春」「夏」の爽やかな季節感も感じられます。

「李」という漢字に込められた思い

木と子の字からなり子を産む意味を表すことから、子孫繁栄の願いや、また、「豊かで実りのある人生を送れるように」という気持ちも込められます。

「李」を使って「りお」と読む名前9つ

李凰、李央、李旺、李桜、李百、李絃、李緒、李織、李音

「梨」という漢字を使って「りお」と読む名前

「梨」という漢字のイメージ

「梨」という漢字のイメージ

「梨」という漢字からは果物の「ナシ」が思い浮かび、「かわいらしい」「瑞々しい」雰囲気を表すのにピッタリでしょう。

「梨」という漢字に込められた思い

果物のナシがもつ「みずみずしく、かわいらしい」雰囲気を活かして「可愛らしい子になってほしい」や、「梨園」という言葉から「芸術面で秀でた子に成長してほしい」、花言葉にある「愛情」から「周りの人にやさしさを分け与えられる子に」と表現することができそうです。

「梨」を使って「りお」と読む名前16つ

梨乙、梨旺、梨央、梨凰、李和、梨恩、梨愛、梨桜、梨渚、梨生、梨穂、梨絃、梨織、梨陽、梨零、梨音

「浬」という漢字を使って「りお」と読む名前

「浬」という漢字のイメージ

「浬」という漢字のイメージ

「浬」という漢字は見慣れないかもしれませんね。この漢字は、流れる水と区画された耕地、土地の神を祭る為に柱状に固めた土の図を組み合わせて生まれました。一般には海上での距離の単位を表すのに用いられています。漢字の持つ意味から大海原がイメージされるでしょう。

「浬」という漢字に込められた思い

「海のように大きな度量の持ち主に」という願いをこめて名づけることができます。また「里」と比べて、日常での使用頻度が少ないので名づけに用いると新鮮な印象を与えることができます。

「浬」を使って「りお」と読む名前6つ

浬乙、浬和、浬央、浬鳥、浬麻、浬緒

「理」という漢字を使って「りお」と読む名前

「理」という漢字のイメージ

「理」という漢字のイメージ

「理」を使った言葉に「理屈」や「真理」「理路整然」などがあるので、「理」を含む名前からは「物事を正しく理解する」「賢い」などの印象を受けます。
一方で、「義理」や「条理」などの言葉に使われるように「道理を重んじ、情に厚い」イメージも伴います。

「理」という漢字に込められた思い

漢字の意味から「賢く知的になってほしい」という願いが思いつきます。イメージを膨らませると他にも「道理を重んじ、約束を守れる子に育ってほしい」や「義理人情にあふれ、人の気持ちを理解できる人に成長してほしい」という願いを込められそうです。義理堅く正義感あふれるイメージから「自分の意見をもち、まっすぐに貫き通す」姿を想像することもできるでしょう。

「理」を使って「りお」と読む名前15つ

理乙、理央、理凰、理想、理愛、理於、理桜、理櫻、理緒、理王、理生、理緒、理織、理音、理陽

「璃」という漢字を使って「りお」と読む名前

「璃」という漢字のイメージ
 

「璃」という漢字のイメージ

「瑠璃」の印象が強いので、宝石に光があたってキラキラ光る様子から「透明感」「美しさ」「品の良さ」などをイメージされますね。
またラピスラズリは「幸運」を引き寄せるといわれるパワーストーンで、濃い青色をしていることから、「深い海」や「夜空のような輝き」を想起することもできます。

「璃」という漢字に込められた思い

「瑠璃」の色から「瑠璃色の空、深い海のようにおおらかに」という願いをこめたり、宝石のもつ「透明感」「美しさ」から「透き通るような美しさ」と「きれいな心」を兼ね備えた子供に育ってくれるよう願いを込めることができます。

「璃」を使って「りお」と読む名前12つ

璃桜、璃乙、璃旺、璃央、璃凰、璃和、璃思、璃愛、璃緒、璃生、璃音、璃麻

「莉」という漢字を使って「りお」と読む名前

「莉」という漢字のイメージ
 

「莉」という漢字のイメージ

「莉」は、ジャスミンの白く可憐な花から連想される「かわいらしさ」、その甘い香りから連想される「愛らしさ」などがイメージされることでしょう。さらに、花言葉の「清浄無垢」からは「清らか」「誠実」「清楚」というイメージが、「愛想がよい」という花言葉からは「明るい」「元気な」というイメージが連想できます。また、甘い香りにはリラックス作用があるので、「癒し」「落ち着き」という印象も与えられそうです。

「莉」という漢字に込められた思い

漢字のイメージから、「かわいらしい女性になってほしい」という願いが込められます。また、「清らか」「人を引き付ける甘い香り」から考えて「誰にでも好かれる優しい人になってほしい」という願いを込めることもできます。

「莉」を使って「りお」と読む名前22つ

莉乙、莉凰、莉和、莉央、莉応、莉想、莉愛、莉緒、莉於、莉旺、莉桜、莉渚、莉煌、莉生、莉碧、莉穂、莉絃、莉緒、莉織、莉陽、莉音、莉麻

「里」という漢字を使って「りお」と読む名前

「里」という漢字のイメージ

「里」という漢字のイメージ

「ふる里」や「山里」といった言葉で使われる「里」という漢字は、人のぬくもりや素朴さをイメージさせます。

「里」という漢字に込められた思い

「里」は字面、イメージともに「おおらかで落ち着いた」印象を与えてくれる漢字です。そこから「おおらかで優しい子に」「コツコツと努力のできる子に」と願いを込めることができそうです。
また、「ふる里」の懐かしい雰囲気、人と人とが密につながる様子から連想して「周囲の人を大切にできる人になってほしい」と表現することもできます

「里」を使って「りお」と読む名前12つ

里乙、里央、里愛、里旺、里桜、里渚、里生、里穂、里絃、里織、里良、里音

想いを込めて「りお」という名前に漢字をつけましょう!

「りお」という女の子の名前について使われる漢字と意味について紹介しました。ご自身の子供に「りお」という名前を付ける際には、ぜひこの記事を参考にしてください。