女の子に「えま」と名前を付けたいときにおすすめの漢字153選

名前を付けるときのポイントは?「えま」と読む名前の印象も

読みを先から決めるときのポイント

読みから先に決めて子供に名前をつける時のポイントとして、漢字の画数や、漢字の持つ意味が大切になってきます。このページでは「えま」と読むことのできる漢字とその漢字の意味について紹介します。

「えま」と読む名前の印象

「えま」という名前は、外国人のようであると感じる方も多いのではないでしょうか。実際「エマ(Emma)」という名前は、英語圏で「宇宙・すべてを抱える」というような意味を持つこともありよく用いられています。日本では絵馬を思い出させるでしょうか。
「えま」という名前は上に述べたように海外でもよく用いられる名前であり、それはつまり、国際的にも呼びやすい名前であることを表しています。さらに外国での意味に加えて日本独自の意味を加えることで、名前の持つ意味に深みを持たせることができるのです。

「依」という漢字を使って「えま」と読む名前

父といて安心する心

「依」という漢字のイメージ

「依」には「人の生活を手助けするもの」「人に寄り添うもの」から派生して「安らかにする」「助ける」などのポジティブな意味があります。そこから「包み込むような優しさ」「安心感」「人助け」などのイメージが出てきます。

「依」という漢字に込められた思い

漢字のイメージを活かして、「人を包み込むような温和な子になってほしい」「そっと寄り添ってくれる優しい女性になってほしい」「人によって態度をかえない自然のままの子に」「周囲の助けに恵まれ、いつか恩返しのできる子に成長してほしい」などの願いを込めることができます。

「依」を使って「えま」と読む名前9つ

依万、依摩、依未、依満、依益、依眞、依真、依舞、依茉

「咲」という漢字を使って「えま」と読む名前

美しく咲く花

「咲」という漢字のイメージ

「咲」には「笑う」「花が開く」の意味の意味があります。「笑う」からは「いつでも笑顔でニコニコ」している情景が浮かび、「花が開く」からは「何もないところに彩りを与える」「まっすぐに成長する」様子を想起させてくれます。

「咲」という漢字に込められた思い

まずは、「花のようにかわいらしく、笑顔の似合う子になってほしい」「花が咲くように、周囲を明るくしてくれる存在に」という願いが込められそうです。また、花が咲く際の力強さをイメージすると、「小さいことにも喜びを感じられる人に」「コツコツとひたむきに頑張れる子に成長してほしい」「困難を跳ねのけて、綺麗な花を咲かせてほしい」と願いを込めることができます。

「咲」を使って「えま」と読む名前10つ

咲万、咲愛、咲未、咲満、咲真、咲眞、咲麻、咲茉、咲舞、咲蒔

「恵」という漢字を使って「えま」と読む名前

大地の恵み

「恵」という漢字のイメージ

「恵」は「自分が恵みを享受する」というより、「他者への思いやり」のニュアンスが強い字です。「優しさ」「穏やかさ」「情深さ」に加え、「知的」「誠実」な印象もつまったポジティブな印象を与えてくれます。

「恵」という漢字に込められた思い

「恩を施す」「優しさ」「穏やかさ」などの言葉をもとに「思いやりがある子になってほしい」「困っている人を助けられる、優しい心の持ち主に」と願いを込めることができます。
さらに「知恵」「知的」といった言葉から考えれば、「善し悪しの判断ができる賢い子になってほしい」「人の役に立てる人に」と表現することもできます。

「恵」を使って「えま」と読む名前11つ

恵満、恵万、恵麻、恵真、恵眞、恵麿、恵舞、恵茉、恵蒔、恵馬、恵満

「慧」という漢字を使って「えま」と読む名前

聡明な女の子

「慧」という漢字のイメージ

「慧」がもつ「賢い」の意味から「頭の回転が速い」「聡明」なイメージがあります。

「慧」という漢字に込められた思い

「慧」という漢字に込められる意味として、まずは「賢くなってほしい」「自分で考えて動ける子になってほしい」などが考えられます。また、「知恵」ではなく「智慧」がある様子を想像して、「聡明で誰の心も理解できる優しい子に」「周囲と調和がとれ、どこに行っても馴染める人になってほしい」と願いを込めることもできそうです。

「慧」を使って「えま」と読む名前7つ

慧真、慧眞、慧麿、慧舞、慧茉、慧蒔、慧麻

「永」という漢字を使って「えま」と読む名前

永のイメージ

「永」という漢字のイメージ

支流を引き込む長い川の絵から生まれた漢字である「永」は、スケールが大きく、悠々とした印象を与えてくれます。

「永」という漢字に込められた思い

漢字の成り立ちからは、「沢山の人に恵みをもたらすような社会に貢献できる人に育ってほしい」と願いを込めることができます。意味からは、「長く限りなく続く幸福な人生であってほしいという祈り」が込められます。

「永」を使って「えま」と読む名前9つ

永満、永万、永愛、永麻、永真、永眞、永麿、永舞、永茉

「笑」という漢字を使って「えま」と読む名前

笑のイメージ

「笑」という漢字のイメージ

「笑」の漢字からは「笑う」や「笑顔」などの言葉が思い浮かぶでしょう。
名前で使われる機会はそう多くありませんが、「笑」が入ると周囲を和ませるような優しい印象を与えることができます。

「笑」という漢字に込められた思い

「笑」に込められる思いとしては、「笑顔の絶えない人生にしてほしい」「周囲に良い影響を与えられる人になってほしい」「苦難があっても笑顔を忘れずに」等が考えられます。

「笑」を使って「えま」と読む名前14つ

笑万、笑愛、笑摩、笑望、笑未、笑満、笑真、笑眞、笑舞、笑茉、笑蒔、笑麗、笑馬、笑麻

「瑛」という漢字を使って「えま」と読む名前

「瑛」という漢字のイメージ

「瑛」という漢字のイメージ

「瑛」には「水晶のような透明な玉」の意味があり、玉に光が当たってキラキラ光る様子からは「美しさ」「品の良さ」「透明感」などを感じさせます。

「瑛」という漢字に込められた思い

「水晶のような透明な玉」の意味からは、「美しい子になるように」「才能がキラリと光る子になってほしい」と考えられます。
また、おおらかなイメージからは「のんびり優しい子に育ってほしい」という思いも表現できるでしょう

「瑛」を使って「えま」と読む名前12つ

瑛満、瑛万、瑛摩、瑛未、瑛真、瑛眞、瑛麿、瑛舞、瑛茉、瑛鞠、瑛馬、瑛麻

「絵」という漢字を使って「えま」と読む名前

「絵」という漢字のイメージ

「絵」という漢字のイメージ.

「絵」という漢字は、芸術的な印象を与えることができます。また同時に可愛らしさのイメージも持ちます。

「絵」という漢字に込められた思い

豊かな感性と美的センスを持った人に成長することを期待して、また、キャンバスに絵筆を走らせるように、自分の人生を自由にのびのびと描いてほしい、という思いを託すこともできますね。

「絵」を使って「えま」と読む名前8つ

絵万、絵愛、絵益、絵真、絵麻、絵眞、絵舞、絵茉

「英」という漢字を使って「えま」と読む名前

「英」という漢字のイメージ

「英」という漢字のイメージ

「英雄」、「英断」、「英知」など「英」を使った熟語は「優れた」という意味をもとに、何かに秀でたスペシャリストを連想させます。判断力のある「知的」で「リーダーシップ」のあるイメージをもつ漢字といえます。

「英」という漢字に込められた思い

「英」という漢字は、「花」という意味も持つので、「花が開く」や「おしとやかで美しい」イメージと重ねて「人生を通じて大きな花を咲かせてほしい」「上品な振る舞いができる子に」と輝かしい未来への希望を「英」にたくすことができます。

「英」を使って「えま」と読む名前7つ

英万、英未、英真、英眞、英麻、英麿、英舞

「詠」という漢字を使って「えま」と読む名前

「詠」という漢字のイメージ
 

「詠」という漢字のイメージ

「詠」という漢字の意味は、詩歌を作る、眺める、などでしょう。この漢字の持つ文学的な意味からは、情緒や気品が感じさせられることでしょう。

「詠」という漢字に込められた思い

文学的な気品を感じさせる漢字から、ゆったりと穏やかな性格で、文学や芸術に関心や才能がある人に育ってほしいという思いを込められそうです。

「詠」を使って「えま」と読む名前8つ

詠万、詠愛、詠眞、詠真、詠麿、詠舞、詠麻、詠茉

「衣」という漢字を使って「えま」と読む名前

「衣」という漢字のイメージ

「衣」という漢字のイメージ

「衣」は、衣服が人を包み込む様子から「やわらかい」「優しい」「おおらか」などのイメージがあります。字の中にも曲線が多いので、字全体からやわらかい雰囲気を与えることができます。

「衣」という漢字に込められた思い

「衣」に込める思いとしては、「みんなを包み込むような温かい人になってほしい」「辛そうな人がいたら、寄り添ってあげられる優しい人に」などが考えられますね。さらに「衣」は細かい繊維が1本ずつ絡み合ってできていることから「繊細さ」が感じられ、「様々なことに気を遣える繊細な子に育ってほしい」と願いを込めることもできるでしょう。

「衣」を使って「えま」と読む名前6つ

衣万、衣益、衣麻、衣真、衣舞、衣茉

「愛」という漢字を使って「えま」と読む名前

「愛」という漢字のイメージ

「愛」という漢字のイメージ

「愛」の漢字は、文字通りそのまま「愛する気持ち」を想起させます。人をいつくしむ姿からは「優しさ」、「愛らしい」という言葉から「かわいらしい」印象も連想されます。また、人を愛する姿は「一途でまっすぐ」で気持ちがぶれない「強くたくましい」イメージもできます。

「愛」という漢字に込められた思い

「愛」という漢字のもつ「人を慈しむ姿」という印象からは、「人に真摯に向き合う優しい子になってほしい」「愛する人を守れる強い人に成長してほしい」「無償の愛で人を包み込んでほしい」という意味を込められそうです。

「愛」を使って「えま」と読む名前5つ

愛眞、愛真、愛麻、愛茉、愛舞

「映」という漢字を使って「えま」と読む名前

「映」という漢字のイメージ

「映」という漢字のイメージ

「映」には、「光や色が反射する」「光が反射して輝く」などの意味があります。光が反射するという意味をもつところから、まぶしく輝いている様子をイメージさせることができます。

「映」という漢字に込められた思い

「日の光に照らされてキラキラと輝くようにきらめく才能に恵まれて、注目される人になってほしい」、「映像や色彩などの芸術的な才能に恵まれるように」、また、「勢いがあって陽気な性格で、周囲を明るく照らすことのできる人に」という気持ちが込められるでしょう。

「映」を使って「えま」と読む名前6つ

映万、映麻、映真、映眞、映舞、映茉

「栄」という漢字を使って「えま」と読む名前

「栄」という漢字のイメージ

「栄」という漢字のイメージ

「栄」は、燃える火(たいまつ)を組み合わせて出来ました。そこからさかんに輝くという意味が成りたったのです。そして、明るさをはなつ「火」から生まれた漢字ということから、生き生きしてて輝かしいという印象を与えることができます。また、さかえるという意味からは、豊かで幸せなイメージも浮かぶことでしょう。

「栄」という漢字に込められた思い

栄える、繁栄するなど、愛情も富も得られるような豊かなイメージから、幸福に満ち溢れた人生を送ってほしいという気持ちを込めることができるでしょう。また、どの分野でも価値あることを成し遂げる人になってほしいとの期待を名前に込めることもできます。

「栄」を使って「えま」と読む名前7つ

栄万、栄実、栄真、栄舞、栄茉、栄蒔、栄麻

想いを込めて「えま」という名前に漢字をつけましょう!

「えま」という女の子の名前について使われる漢字と意味について紹介しました。ご自身の子供に「えま」という名前を付ける際には、ぜひこの記事を参考にしてください。
https://otokonokajiikuji.com/836/